menuのクーポンコードの入力方法(使い方)

タグ: Androidアプリ, iPadアプリ, iPhoneアプリ, ノウハウ, 食べ物, 飲み物

2020年以降、新型コロナウイルスや緊急事態宣言などの影響でデリバリー&テイクアウトアプリの利用者が増加しました。テレワークで一日の時間の殆どを自宅で過ごす人にとってフードデリバリーサービスは便利と言えます。

フードデリバリーサービスはUber Eats(ウーバーイーツ)が有名ですが、menu(メニュー)という日本発のサービスも国内で利用者を大幅に増やしています。現在menuはサービス拡大のためクーポン配布などを行っています。

クーポンコードを利用することによってサービスの割引を受けられるのでmenu(メニュー)をお得に始めることができます。今回は、menu初心者向けにmenu(メニュー)のクーポンコードの入力方法(使い方)を解説します。

menu のクーポンコードの入力方法

まず、何らかの方法でクーポンコードを手に入れます。私は自宅のポストにmenuのクーポンが印刷されたハガキが入っていたので、そのハガキからクーポンコードを入手しました。

次にmenuのアプリをスマートフォン(iPhone,Android)やタブレット型端末で開きます。

「マイページ」を開きます。

「クーポンコード入力」を選択します。

クーポンコード入力欄にコードを入力し「登録」を押します。クーポン登録時に本人確認のためSMS認証が必要になる場合があります。

クーポンコードが無事登録できた時、上記のようなメッセージが表示されます。

次回クーポンコード入力画面を開いた時は、取得済みのクーポンコードが有効期限とともに表示されます。

クーポンによる割引は注文時に自動的に適用されます。注文が一定額を超えないと適用されない割引もあるので事前にご確認ください。

menu のクーポンコードを活用しよう

以上が、menu(メニュー)のクーポンコードの入力方法(使い方)の解説です。やり方自体は難しくないので一度覚えてしまえば簡単に利用できると思います。クーポンコードを手に入れたらmenuを使ってみましょう。

menuのクーポンコードには有効期限があるものもあるため、コードを入力したら有効期限が切れてしまう前に注文を行うことを忘れないようにしましょう。

menu を始めようと思っているけど、お得なクーポンコードを持っていないという方は、私の招待コード「tpg-5j16am」をご利用下さい。コードを入力画面でコードを入力してお得にmenuを利用開始しましょう。

アマゾンの倉庫で絶望し、ウーバーの車で発狂した~潜入・最低賃金労働の現場~

アマゾンの倉庫で絶望し、ウーバーの車で発狂した~潜入・最低賃金労働の現場~