menu passを解約する方法

タグ: Androidアプリ, iPadアプリ, iPhoneアプリ, ノウハウ, 解約, 食べ物, 飲み物

昨年に引き続き、2021年も新型コロナウイルスや緊急事態宣言などの影響でデリバリー&テイクアウトアプリを使い始めた人は多いと思います。自宅から様々な料理を頼めるのは便利なので繰り返し利用している人もいるでしょう。

menu(メニュー)というフードデリバリーサービスでは、同サービスを繰り返し利用する人向けに「menu pass」という会員制度を設けています。会員になれば基本配達料が毎回無料になるなどの複数の特典が受けられます。

「menu pass」はmenuを繰り返し使うなら入るべきお得な特典ですが、緊急事態宣言の終わりが見えてきた現在ではmenuの利用自体を見直す人が出てくるかも知れません。なので今回はmenu passを解約する方法を解説します。

menu passを解約する方法を解説

menu passを解約するには、まずmenuのスマートフォンアプリを起動した後「マイページ」を選択します。

「menu pass」を選択します。

「menu pass」の説明画面を下にスクロールします。(画面が縦に長いスマートフォンでは、この作業は必要ありません)

画面下にある「解約手続きをする」を押します。

「menu pass」解約に関する注意事項が表示されます。内容を見て問題がなければ「同意する」にチェックを入れてください。

解約ボタンが有効化するので「解約する」ボタンを押してください。

「解約手続きを受け付けました」というメッセージが表示されれば「menu pass」の解約手続きは無事完了しています。お疲れ様でした。

必要な時にmenu passに入ろう

以上が、menu passを解約する方法の解説です。やり方自体は簡単ですし、解約手続き自体はいつでも行なえます。menu passの解約に伴って違約金や手数料はかかりません。解約するのが簡単なので気軽にまた再契約できます。

2021年現在、緊急事態宣言は一旦終わりそうですが、新型コロナウイルスが今後も猛威をふるうかどうかは現段階では予測が出来ません。再び緊急事態宣言やテレワークの重要性が叫ばれる事態になる可能性は十分にあります。

コロナ禍が終わった後のフードデリバリーサービスの需要は予想がつきませんがmenu passのような会員制度はサービスの継続的な利用を考えている時は契約しておいたほうがお得なのでmenuが必要になったら入っておきましょう。

アフターコロナのマーケティング 混迷の時代を切り開く、新しい消費の動き

アフターコロナのマーケティング 混迷の時代を切り開く、新しい消費の動き