PLUS1WORLD

ピンマイクにもなる SONY のマイクロホン ECM-PC60 がおすすめ!

sony-ecm-pc60-0007

最近、YouTubeに投稿するゲーム実況動画に自分の音声を入れるために新たにマイクを購入しました。

それが今回紹介する、SONYのコンデンサーマイクロホンである「ECM-PC60」です。使ってみたら結構便利でした!

ECM-PC60 は小型で高性能でおすすめのマイクです。今回はこちらのマイクを紹介します。マイクを購入する際の参考にしてみてください。

広告

ピンマイクにもなる マイクロホン ECM-PC60

携帯ゲーム機の実況動画を作成する際に、通常の置き型のマイクを使ってしまうと、携帯ゲーム本体がマイクと自分の間を塞いでしまう形となり、声が直接マイクに届かないためあまりいい録音ができません。

かと言って、携帯ゲーム機の前に置き型マイクを持ってくると、今度はマイクで携帯ゲーム機の画面が見えません。

置き型のマイクではなくヘッドセットマイクを使うという選択肢もありますが、ヘッドセット経由でゲーム音を聞くのよりも、携帯ゲーム機から直接イヤホンで音を聞きたかったので、ヘッドセットマイクの選択肢も私の中にはありませんでした。

以前から、テレビに出るキャスターや芸能人が収録の際にピンマイクを使っているのを見て、自分もあんな感じで音声を録ってみたいなと興味を持っていたので、今回ピンマイクとしても使用できるマイクロホン「ECM-PC60」を買いました。

sony-ecm-pc60-0003

ECM-PC60 には台座がついてます。台座も結構小さめで場所を取りません。

sony-ecm-pc60-0002

マイクロホンにはクリップが付いていて、服に挟んで、ピンマイクとしても使うことが出来ます。

sony-ecm-pc60-0001

ECM-PC60 を服に挟んで、録音する様子。

上の動画は実際に、ECM-PC60 を使用して声を録音して作成した動画です。

マイクが小さいので、性能には期待していませんでしたが、流石SONYのコンデンサーマイクということもあってノイズも少なく、集音性が高いです。

ただ、ケーブルが細いこともあり、イヤホンなどに絡まって断線をしてしまわないように取り扱いには注意が必要です。

sony-ecm-pc60-0004

ECM-PC60 には延長ケーブルが付属しています。これだけの長さがあれば通常の使用には、追加で延長ケーブルを買う必要はなさそうです。

ECM-PC60 は一石二鳥の良品

B004KVIZCA
SONY エレクトレットコンデンサーマイクロホン PC60 ECM-PC60

ECM-PC60 はマイクロホンにも、ピンマイクにもなる一石二鳥の良品です。ノイズも少なく、録音時の音質も問題ありません。

ただ、コンデンサーマイクということもあり、若干耐久性は劣ります、普段、マイクやイヤホンの扱いが雑な方にはおすすめ出来ません。そういった方にはダイナミックマイクをおすすめします。

ELECOMやバッファローのマイクに比べて少々値が張りますが、安いマイクを買って、音質や使い勝手で後悔するよりも、始めから良いマイクを買ったほうがいいと思います。Amazonや楽天などでの評価も高いですしね。