PLUS1WORLD.com

通夜・葬儀・告別式の基本マナーや服装、持ち物などの基礎知識まとめ

先月、祖母が他界したので今月は四十九日法要を行いました。ついでに納骨も済ませました。

私は久しぶりの葬式への参列だったので、通夜・葬儀・告別式の基本的な振る舞い方を忘れていました。今後知り合いが逝去した時に備えて、通夜・葬儀のマナーは押さえておくべきだと感じました。

これからも生きていれば冠婚葬祭に関わることは避けられませんので、自身の復習も兼ねて、お通夜・葬式・告別式に参列する時に必要になる弔事のマナーや基礎知識をまとめてみました。

通夜・葬儀・告別式の基本マナーまとめ

今回まとめた通夜・葬儀・告別式のマナーは遺族側ではなく、葬式に参列する会葬者の視点でまとめています。

通夜の服装の基本

男女ともに、まだ学生であれば学生服も使えます。

男性の服装(略礼装)

ダークスーツが基本。ネクタイは黒、ワイシャツは白無地、靴と靴下は黒。

女性の服装(略礼装)

ダークカラーのスーツが基本。ストッキングは肌色も可。靴は無駄な装飾のない黒のバンプス。

葬儀の服装の基本

男女ともに、まだ学生であれば学生服も使えます。

男性の服装(略礼装)

ブラックスーツが基本。上着はダブルでもシングルでも良いが、ズボンの裾はシングルが基本。ネクタイは黒、ワイシャツは白無地、靴と靴下は黒。

女性の服装(略礼装)

ブラックフォーマルが基本。夏でも長袖や七分袖が基本。ストッキングは黒。靴は無駄な装飾のない黒のバンプス。

持ち物などの基本

靴やバッグは光沢のあるものを避け、地味なものを選ぶ。

ハンカチ・アクセサリーのなどの小物類

ハンカチは黒か白。コートや羽織、傘は目立たない地味なデザインのものを選ぶ。ネクタイピンは付けない。

アクセサリーは結婚指輪以外は身につけないのが原則。付ける場合は一連の真珠か黒真珠のネックレスまたはイヤリングにします。

髪型・メイク・アクセサリーのマナー

前髪で顔が隠れないようにするのが基本。髪色は派手なものを避ける。

ロングヘアは上品にまとめる。黒のゴムやリボン、バレッタを使う。メイクは薄化粧が基本。ナチュラルに仕上げる。

香典

香典の金額は4,9といった数字を避けます。通夜と葬儀・告別式に参列する場合は、先に弔問する通夜に香典を持参するのが一般的です。

通夜で香典を渡した場合は、葬儀・告別式に香典を持参する必要はなく、記帳だけで済ませます。

ブラック無地ちりめんふくさ 金封袱紗 慶弔両用 結婚式 ブラックフォーマル 冠婚葬祭