PLUS1WORLD

人気YouTuberを目指すなら知っておくべき YouTuberになるリスク

youtuber-risk-0001

「好きなことで生きていく」そんなフレーズに騙されて、人気YouTuber(ユーチューバー)を目指し始める人が後を絶ちません。

最近、YouTubeに動画を投稿することで収入を得る「YouTuber」が注目を集めています。

確かに動画投稿で生計を立てられたら楽しそうですよね。YouTubeで有名になってお金を稼ぎたいという人は実際に多そうです。

しかし、人気YouTuberになりたい人に水を差すようですが、YouTuberになるとメリットだけでなく『デメリット』もあります。ユーチューバーになるなら、その危険性も知っておきましょう。

今回は、YouTubeに動画を投稿して人気者になりたい人向けに、人気YouTuberを目指すなら知っておくべきリスクについて簡単にまとめてみました。

広告

YouTuberになるリスクのまとめ

顔を勝手に使われる危険性

人気 YouTuber である、カズチャンネルのカズさんのお話です。

YouTube に投稿する動画で自分の顔を公開する、いわゆる「顔出し」をしているYouTuberです。

自分が写っている写真を勝手に不正利用され、「出会い系サイトで嫁と出会った」というデマが広まっているため、それに対する説明を動画で投稿するまでに至りました。

顔出し自体はYouTubeに限った話ではありませんが、人気YouTuberの真似をして、後先考えずにYouTubeで自分の顔を公開する投稿者が増えている気がします。中には家族の顔も映っている動画もあります。

投稿した動画に映っている顔を悪用され、出会い系サイトやヤミ金などの勧誘に使われてはたまったものではありません。

知らないうちに「あのユーチューバーは不正行為に手を貸している」と変な誤解がネット上で広まり、気づいた時には手遅れだったということになりかねません。

YouTubeで顔出しの動画を投稿するなら、こういったリスクがあることをあらかじめ知っておいた方がよいでしょう。

個人情報が公開されるリスク

YouTubeはアメリカの法律であるデジタルミレニアム著作権法(DMCA)を順守しているため、コンテンツの著作権管理もこれに従います。

YouTubeでは著作権違反を主張することで、その動画投稿者であるYouTuberに違反の申し立てが通知されます。

この機能が悪用され、テロリストに住所などの個人情報を奪われたYouTuberが近年発生してます。

YouTubeでは著作権保持者のコンテンツを識別することで、権利者以外の人が本人の許可無しに動画をアップロードすると検出できるシステムを設けていますが、この仕組みを利用したテロリストが、偽りの申し立てによって反イスラムチャンネルを運営するYouTuberの自宅などの個人情報を取得して脅迫メールを送りつけていたことが判明しました。

―― テロリストが著作権違反を主張して反イスラムYouTuberの個人情報を取得 – GIGAZINE より

偽の著作権違反を申告し、動画投稿者の個人情報を入手。恐ろしい手口ですね。

広告

[YouTube活用] YouTube, コンテンツ, ビジネス, プライバシー, ユーチューバー, 仕事, 動画