PLUS1WORLD

VOD(Netflix,Hulu,U-NEXT,FOD,Paravi,dTV,DAZN,YouTube Premiumなど)

クレジットカード&電子マネー

Amazonプライム会員を解約すべきか続けるべきかの分岐点を調べてみた

1 2

Primeビデオで映画やドラマが見れる特典

Amazonプライムビデオでは対象の映画やドラマ、アニメ作品が見放題になります。

Amazonで売られているデジタルセルの映画はレンタル料金が100~500円(税込)くらいなので結構な幅があります。間を取って映画1本レンタル300円とすると、14本の映画を見ると4,200円になります。

なのでAmazonプライムビデオで映画作品を1年間に14本くらい見れば、Amazonプライム会員の元は取れている計算になります。

とは言うものの、結局はプライム・ビデオに見たい映画やドラマがなければ意味はありません。タダだからといって興味のない作品を見て元を取ろうとするのは時間の無駄です。

結局はAmazonプライムビデオに自分好みの作品がどのくらいあるかというのが一番重要だと思います。

その他の特典

ここまで、Amazonプライム会員の主な特典を紹介してきました。

他にも、Prime MusicやAmazonプライムラジオで音楽が聴ける特典Prime ReadingやKindleオーナーライブラリーで無料で本が読める特典などがあります。

さらに、アマゾン・プライム会員にはプライムデーなどのセールに参加できたり、割引価格でKindleやFire TVなどの端末が購入できるなどの特典もあります。

これらは利用頻度や自分にあった音楽や書籍、商品があるかどうかによって自分に利益があるか否かが変わってくるので、お得かどうかは判断がとても難しいと思います。

「Amazonプライム」はお得かどうかの実感が大事

ここまで、アマゾン・プライムの主だった特典を振り返り、解約するべきか続けるべきかの分岐点を探ってきました。

調べた結果、配送料以外は「Amazonプライム」がお得であるかどうか算出することが難しいと分かりました。

結局は「Amazonプライム」を自分がお得に感じているかどうかの実感が大事だということです。

Amazonプライム会員はメリットも多いですが、Amazonへの依存度が上がるというデメリットもあります。「Amazonプライム」はAmazonへの依存度が高いほどお得に感じられるように作られています。

アマゾン・プライムの年会費はアメリカの方だと値上げによって年間119ドル(日本円で13,000円以上)という価格になりました。日本でもいつ値上げが始まるか分かりません。

最近Amazonで商品を買いすぎていると実感している人はAmazonへの依存度が低いうちに「Amazonプライム」を解約するべきか続けるべきか検討したほうがよいかもしれません。

追記:

Amazonプライムの年会費が、3900円から4900円に値上げしました。月会費やPrime Studentも同様に値上げしています。(2019年4月時点)

値上げしても、基本的にAmazonプライムがお得かどうかの判断基準は変わっていません。得していると感じているなら続けるべきです。

ワンクリック

1 2