PLUS1WORLD

これで分かる! Google+『ブロック』『除外』『ミュート』の違い

google-plus-block-ignore-mute-0009

先日、Google+に「ミュート」という機能が追加されました。

Google+に投稿通知メールやおしゃべりなメンバーの“ミュート”機能 – ITmedia ニュース

新しく追加されたミュート機能ですが、Google+では多くの人が既にある「ブロック」「除外」と新しく追加された「ミュート」がそれぞれどのように違うのか分からず混乱しているようでした。Google+を使い倒しているユーザですら、ややこしいと感じていたみたいです。

今回、そのややこしいGoogle+の「ブロック」と「除外」と「ミュート」の違いについてまとめました。

広告

Google+ の「ブロック」とは?

ブロックは相手と一切コミュニケーションすることをやめるという一番きつい機能です。

AというユーザがBというユーザをブロックすると

  • Bのコンテンツは、Aのストリームに表示されなくなります。
  • Bは、Aのどのサークルにも表示されなくなります。
  • BとAで共通の友だちがいても、BはAの友だちの友だちサークルから削除されます。
  • Bは、Aのコンテンツに対して新しいコメントを追加できなくなります。
  • Bが他のユーザーの投稿に対してコメントしてもAの方で表示されなくなります。
  • ブロック後Bは、Aが共有している投稿をいっさい表示できなくなります。
  • Bは、投稿やコメントでAの名前リンク(メンション)を使用できなくなります。

要するに、ブロックはまったく関わりたくない相手にする利用する機能です。

基本的に、AからBは見えなくなりますし、BからAも見えなくなります。

ブロックすると、そのユーザーとの交流が制限されるので、ブロックされていることを相手に気づかれる可能性があります。

ブロックとサークル追加は同時に出来ません。ブロックするとサークルから自動的にブロックしたユーザが外れます。

「ブロック」はスパムアカウントに対して一番使われている機能です。

Google+ の「除外」とは?

「除外」はブロックするほどではない相手に対し使われる機能です。相手からの通知を防ぐことができます。

AというユーザがBというユーザを除外すると

  • Bは、Aの[あなたをサークルに入れているユーザー] のリストから削除されます。
  • BからAへの通知が制限され、お知らせに表示されなくなります。

除外した相手からの+1、コメント、共有、メンションなどの通知が届かなくなります。

除外した相手の投稿やコメントは通常通り表示されます。

除外したユーザーは、引き続きあなたの一般公開投稿にコメントしたり、写真にタグを付けたりすることができます。

ブロックと同じように、除外とサークル追加は同時にできません。除外はサークルに追加していない相手にしか使えません。

Google+ の「ミュート」とは?

「ミュート」は「除外」と同じように、特定のユーザから送られてくる通知を防ぐ機能です。

「ミュート」で防げる通知は「除外」で防げる通知と同じです。

「除外」と「ミュート」の違いは、除外がサークルに追加していない相手にしか使えないのに対し、「ミュート」はサークルに追加済みの相手に対しても使うことができるということです。

相手をサークルに追加していない状態で使えるのが、「ブロック」「除外」「ミュート」で、相手をサークルに追加した状態でも使えるのが「ミュート」だけということです。

「ミュート」は相手をサークルに追加した状態のまま、相手からの通知を防ぐことができます。ミュートした相手の投稿やコメントは通常通り表示されます。

ブロック、除外、ミュート、それぞれの使用方法

「ブロック、除外、ミュートをどこから使うことができるのか」に関してもまとめておきます。

ブロック

ブロックはサークル管理画面から利用できます。

google-plus-block-ignore-mute-0001

ブロックはサークル管理画面の「あなたを追加したユーザー」及び「あなたのサークル」から利用できます。

ブロックしたいユーザを選択し、左上の「操作」から「ブロック」を選んでください。

google-plus-block-ignore-mute-0002

「操作」を選択。

google-plus-block-ignore-mute-0003

選択したユーザをブロック

また、各ユーザのプロフィールページからもブロックできます。

ブロックしたいユーザのプロフィールを開き、顔アイコンから見て右側にある「V」(下向きの矢印)を押してください。

google-plus-block-ignore-mute-0006

プロフィールで名前の右の下向きの矢印を押す。

google-plus-block-ignore-mute-0007

メニューからブロックを選択します。

除外

除外はサークル管理画面から利用できます。

google-plus-block-ignore-mute-0005

「あなたを追加したユーザー」を選択し、除外したいユーザを選んでください。除外したいユーザが見つからない場合はフォームにユーザ名を入力すると見つけやすくなります。

除外したいユーザを選び、左上の「操作」から「除外」を選んでください。

google-plus-block-ignore-mute-0004

ブロックと同様に、「操作」から「除外」を選ぶ。

ミュート

ミュートの項目は各ユーザのプロフィールに表示されています。

ミュートしたいユーザのプロフィールページに移動し、顔アイコンの右側にある「V」(下向きの矢印)を押してください。

google-plus-block-ignore-mute-0006

プロフィールで名前の右の下向きの矢印を押す。

google-plus-block-ignore-mute-0008

メニューからミュートを選択します。

『ブロック』『除外』『ミュート』を使い分けよう

以上が、Google+の『ブロック』『除外』『ミュート』の違いです。

きちんとそれぞれの違いと使い方を理解して、使い分けましょう。

それでは、Google+で『ブロック』『除外』『ミュート』を使いこなし、快適なGoogle+ライフをお楽しみください。