PLUS1WORLD

詐欺師や嘘つきを見破るための『嘘の見抜き方』

how-to-spot-a-liar-0001

あなたは1日に何回 ウソをつかれていると思いますか?

ある研究によると、最大およそ200回も嘘をつかれているという結果が出ています。

テレビCMやインターネット広告など、私たちが考えている以上に世の中は嘘であふれています。嘘に騙されないためにはどうすれば良いのでしょうか?

今回紹介するパメラ・メイヤーさんは経営者になるためハーバード・ビジネス・スクールで経営を学び、起業しました。しかし、そこで最も信頼していた社員から横領被害にあうという辛い体験をしました。

『もう、絶対に騙されない!』

不正を未然に防ぐ方法はないか。彼女はFBIや警察などの尋問手法や心理学などを学び、独自の嘘を見抜く手法を確立しました。

ウソを見抜く達人、パメラ・メイヤーさんが、「嘘にだまされない方法」を分かりやすくプレゼンテーションで解説しています。

広告

パメラ・メイヤー流『嘘の見抜き方』

CFE(Certified Fraud Examiner:公認不正検査士)の資格を持つ企業コンサルタント、パメラ・メイヤーさんのプレゼンテーションです。

プレゼンでは嘘にだまされない方法を具体的に紹介しています。その内容を以下にまとめました。

嘘は共同作業で成立する

嘘は一人では成立しません。

嘘が成立するには、嘘で騙す人、嘘で騙される人の両方が必要です。

どのような嘘も口から発声しただけでは効力はありません。騙される側が嘘を信じることで嘘は力を得ます。

つまり「嘘をつかれた」ということは「あなたが嘘をつかれるのを許した(信じた)から」となります。

how-to-spot-a-liar-0002

嘘は「騙す側」「騙される側」が両方いて成立する。

世の中には良いウソも悪いウソもあります。 正直に伝えないほうがいいこともありますし、人間関係を円滑にするために、必要な嘘もあります。

世の中から嘘を根絶するのは困難です。生きていく上で嘘は避けて通れません。

しかし、ことはビジネスとなると話は別です。嘘が多額の経済的損失となりかねないからです。嘘を避けるために、人による不正を見抜き、防止する必要があります。

そこで、嘘つきを見分けるためのテクニックや防衛策が必要となってきます。

まずは、騙される側が嘘に引っかからないための重要な考え方があります。

人は望みを叶えるために 進んで何かを差し出す

稀代の詐欺師であるオバーランダーは次のような言葉を残しています。

「人は自分の望みを叶えるためなら何かしら差し出す。」

これが嘘の本質だそうです。

つまり、あなたがウソに騙されたくなければ、「自分が何を望んでいるのか」をあらかじめ知っておく必要があります。

広告

[TED] コミュニケーション, 不正, 動画, 嘘, 詐欺