PLUS1WORLD

iPhoneで勝手に電話が起動するのを防ぐ方法(音声コントロールのオフ)

iphone-voice-control-off-0001

iPhoneでロック画面解除のためにホームボタン押した時に、誤作動で音声コントロールが起動して間違って電話をかけそうになったということはありませんか?

iOS10以降ではロック解除時にホームボタンを押す必要があるため、その時に誤って音声コントロールが起動して、電話をかけてしまう事が多いようです。

iPhoneが知らない間に国際電話を発信して、トラブルが発生したというケースもあるようなので、iPhoneの音声コントロールで電話が勝手にかからないように音声コントロール機能をオフにする方法を解説します。

広告

iPhone で勝手に電話がかからないようにする

iPhone で勝手に電話が発信されてしまう理由は「音声コントロール」にあります。

大多数の間違い電話は「音声コントロール」の誤作動が原因と考えられます。

音声コントロールとは?

『音声コントロール』とはiOSに搭載されている音声アシスタント機能「Siri」をオフにした時に代わりに出てくるアシスト機能です。

「Siri」を有効(オン)にすると音声コントロールが無効(オフ)になり、「Siri」を無効(オフ)にすると音声コントロールが有効(オン)になります。

「Siri」と「音声コントロール」の両方をオフにすることは出来ません。

『音声コントロール』の音声認識能力は「Siri」よりも劣るため、ガサゴソとした雑音でさえ電話番号だと認識し間違い電話を発信してしまうことがあります。

なので、設定でSiriを有効にして、ロック画面で音声コントロールを停止するのが、間違い電話を防ぐ最善の方法です。

音声コントロールをオフにする

iphone-voice-control-off-0002

音声コントロールをオフにするために、Siri を有効(オン)にするには、まず設定を開きます。

iphone-voice-control-off-0003

設定の項目の中から「Siri」を選択します。

iphone-voice-control-off-0004

「Siri」を有効(オン)にします。

iphone-voice-control-off-0005

Siriを有効にするかどうかの確認が表示されます。内容を確認して有効にするを押します。

iphone-voice-control-off-0006

ついでに、ロック画面でのアクセスという項目が出てくるので、オフにします。

以上の手順で、音声コントロールがオフになり、ロック画面でSiriが起動することもなくなります。

広告

[iPhone] iOS10, Siri, トラブル, ノウハウ, 携帯電話, 音声