PLUS1WORLD

Twitter向け生放送アプリPeriscopeでハート5万個集めて学んだこと

periscope-heart-0001

Twitter利用ユーザー向けの生放送配信アプリ「Periscope」(ペリスコープ)が公開されて1週間以上経ちました。

私は1週間前にアプリをダウンロードしてから毎日、Periscope を使っていました。生放送配信に以前から興味があったので、いい機会だと思い、いろいろ試してみました。

インターネットの動画投稿歴は10年以上あるので動画投稿には慣れていますが、生放送はほぼ初めてで、ノウハウがなかったので様々なことを学ぶことが出来ました。今回得た知識、経験を以下記事でまとめて紹介します。

広告

「Periscope」の生放送で学んだこと

ペリスコープでは生放送中の動画の画面をタップする(押す)ことでハートを配信者に贈る事ができます。

PeriscopeのハートはFacebookでいう「いいね!」ボタンや、Google+の+1ボタンのようなものです。ハートをあげることで、動画配信者を応援できるということですね。

periscope-heart-0002

結論から言うと、私はこの1週間でハートを5万個いただきました。Periscope で人気が出やすいウケる動画もある程度わかったつもりです。

色々学んだ中で、どういった動画が評価されるのか、一つの結論に至りました。生放送配信で評価されやすいのは金太郎飴みたいな動画です。

評価されやすい「金太郎飴」のような動画

生放送の動画の特徴は、「視聴者がどこから見始めるかわからない」というところです。

YouTubeやニコニコ動画のような動画サイトの動画は、動画は最初から再生されますが、生放送は視聴者がどこから見始めるか分かりません。

periscope-heart-0003

その上、視聴者がどこで見終わるのかもわからないため、生放送が面白くなる前に離脱してしまう可能性もあります。

さらに、視聴の最中に電波が悪く一時的に配信が途切れることも起こります。

なので、説明不要な、見てすぐに楽しめる動画が一番受けがいいです。時系列で見ていないと楽しめない生放送は好ましくありません。

つまり、どこを切っても金太郎の顔が出てくる金太郎飴のような動画が一番よいです。

具体例で言うと、桜並木を散歩する生放送が一番受けが良かったです。歩きながら桜並木を撮影すると次々と新しい桜の木が映って視聴者は飽きませんし、途中から見始める視聴者も常に美しい桜の木が映っているので、どこから見始めても楽しめるわけです。

逆に「手品」のような最初から最後までの一連の動作を見ていなければ楽しめないようなパフォーマンスは生放送での受けは良くないと思います。

広告

[Periscope(ペリスコープ)] iPhoneアプリ, Twitter, ノウハウ, 動画, 生放送