PLUS1WORLD

Twitter公式アプリ 横長動画の撮影・投稿が可能に

twitter-horizontal-video-0001

普段、Twitterにそんなに投稿しないので、気づくのが少し遅れましたが、Twitterの公式アプリが横長の動画の撮影と投稿に対応したようです。

Twitter、横長動画の投稿が可能に – ITmedia ニュース

これまでのTwitterでは正方形の動画しか投稿することが出来ず、不便でした。今回のアップデートでWebで一般的な横長長方形の動画が投稿できるようになりました。

広告

Twitter で横長の動画を投稿する方法

動画の投稿はスマホ向けアプリからのみ出来ます。Web版のTwitterではまだ投稿できません。

twitter-horizontal-video-0002

Twitterで横長の動画を投稿するには、まず通常の投稿の画面で、カメラアイコンを選択します。

twitter-horizontal-video-0003

写真撮影モードに切り替わるので、ビデオモードに切り替えます。

twitter-horizontal-video-0004

通常ビデオモードではこの様に正方形の動画しか撮影できません。横長の動画を撮影するには、スマートフォンを横に傾けてください。

twitter-horizontal-video-0005

画面を横にすると、この様に横長動画の撮影が可能になります。動画は撮影ボタンを押している間だけ撮影されます。動画撮影ボタンを押したり離したりすることでコマ撮りの動画の撮影も可能です。

twitter-horizontal-video-0006

Twitterのビデオモードで撮影が可能な長さは30秒が限界です。動画を限界まで撮影すると、Twitterへの投稿が促されます。

こちらが、私が実際にTwitterの公式アプリで横長の動画を撮影し投稿したものです。

このように撮影した動画はブログなどに貼り付けることが出来ます。

短編動画はTwitterで十分かもしれない

YouTubeと違いTwitterの動画投稿は30 秒という制限がありますが、逆に簡単な短い動画はTwitterに向いていると思います。

動画は作ってみたいけど、そんなに長くなりそうにないな~という時はTwitterに投稿してみるのもアリでしょう。

一旦Twitterに投稿して、反響の大きかった動画だけをまとめてYouTubeにアップロードするスタイルもいいかもしれません。