PLUS1WORLD

初心者卒業! Steamの支払い方法まとめ(Steamウォレット,コンビニ等)

PC向けゲームプラットフォーム『Steam(スチーム)』にはゲームを購入するための手段がいくつも用意されています。

クレジットカードを持ってない学生でも、コンビニでの支払いや、Steamウォレットなどの支払い方法を使えば、ゲームなどのコンテンツをSteamで買えます。ちなみに、クレカでの支払いは市区町村の欄が2つあり、ややこしいです。(記事後半で解説)

今回は、Steam初心者向けにSteamウォレット、コンビニ、webmoney、Vプリカ、などSteamで使える支払い方法を簡単にまとめてみました。

Steamの主要な支払い方法まとめて解説

Steamで支払い方法を選択するには?

Steamで購入したい商品の支払い方法を選ぶには、まずカートに入れた商品の購入手続きを開始して下さい。

すると、次の画面で支払い方法の選択が要求されるので、プルダウンメニューから支払い方法を選びます。

Steamの支払い方法は実に多くの手段が用意されています。全部紹介するとキリがないので、主要な購入方法であるSteamウォレット、コンビニ支払い、webmoney、vプリカ、クレジットカード払いの5つを解説します。

Steamウォレットで支払う

『Steamウォレット』は、その名の通りSteamで使える電子マネーです。あらかじめSteamのアカウントにチャージして商品の購入時に利用します。

Steamウォレットは現金とレートは変わりません。Steamウォレットはクレカと併用できるので、支払い時にSteamウォレットで足りなかった分をクレジットカードで支払うなどの使い方も可能です。

あらかじめSteamにチャージした分を利用する形になるので、クレジットカード払いだとゲームをついつい買いすぎてしまう人にはおすすめの支払い方法です。

Steamウォレットに残高を追加するには

Steamウォレットの残高を追加するには、まずSteamクライアントを開き、アカウント名をクリック、出てきたメニューから「アカウント詳細」を選択します。

アカウント詳細の項目の中に「Steamウォレットに追加」という項目があるので、それを選択します。

Suicaウォレットへの残高追加はPayPal、クレジットカード、コンビニ支払い、銀行振込、WebMoney などの様々な方法が用意されています。

また、『Steamウォレットコード』でもSteamウォレットに残高を追加できます。

Steamウォレットコードは1円単位で好きな金額をアカウントにチャージできるのでSteamクライアントで買うよりも便利です。Steamウォレットコードはデジカが販売しています。