PLUS1WORLD

Twitter上の動画が自動再生に! オン・オフを切り替えるには?

twitter-auto-video-on-off-0001

Twitterのツイートに添付した動画やVineの映像、GIFアニメ画像がタイムライン上で自動的に再生されるようになりました。既にTwitterのweb版とiOSアプリで実装されています。

Twitter上の動画が自動再生になります | Twitter Blogs

動画の自動再生は初期設定でオンになっているようですが、動画の自動再生は無駄なデータ通信が発生しパケットを消費してしまう可能性があるので、停止(オフ)をおすすめします。

そこで、今回はTwitterの動画の自動再生をオン・オフする方法を解説します。

広告

Twitter 動画の自動再生 オン・オフ切り替え

Twitter iPhoneアプリの場合

twitter-auto-video-on-off-0002

Twitterのアプリを開き、自分のプロフィール(アカウント)画面に移動後、歯車ボタンを押します。

twitter-auto-video-on-off-0003

「設定」を押し、設定画面へ移動します。

twitter-auto-video-on-off-0011

「データ」の項目を選択。

twitter-auto-video-on-off-0012

「動画を自動再生」の項目を選びます。

twitter-auto-video-on-off-0013

動画の自動再生をオフにする場合は、「常にオフ」を選択、Wi-Fi接続時のみ動画を自動再生する場合は「Wi-Fi接続時のみ」を選びます。

Web版 Twitterの場合

Twitterのヘルプによると、

twitter.comでは、プロフィールアイコンをクリックし、ドロップダウンメニューから [設定] を選択します。 [ユーザー情報] セクションで、[動画ツイート] の横の動画を自動再生 をオフにします。

とありますが、この情報は正しくありません。

twitter-auto-video-on-off-0006

正しくは、プロフィールアイコンをクリック後「設定」へ移動した後に

twitter-auto-video-on-off-0014

「ユーザー情報」の 動画ツイート の「動画の自動再生」のチェックを外します。

その後、変更を保存することで、動画の自動再生は停止(オフ)になります。

動画の自動再生はオフ(停止)にしておこう

Twitterの動画の自動再生はデフォルトでオンになっていますが、オフにするか、Wi-Fi接続時のみ自動再生にすることをおすすめします。

理由は動画を自動再生にするとその分通信が発生し、データ通信でパケットを無駄に使用してしまうからです。思わぬところでパケ死しかねません。

タイムライン上で自分が見たい動画だけを再生したほうが精神衛生的もいいと思いますので、早いうちに設定を変更し自動再生を停止・無効化しておきましょう。