PLUS1WORLD

Twitter ワードミュートの設定方法(iPhone, Android)

以前紹介したTwitterのミュート機能(非表示機能)が強化され、通知だけでなくタイムラインでも『ワードミュート』出来るようになりました。

強化された「ワードミュート」機能は、見たくないキーワードをあらかじめ指定することで、タイムラインや通知に指定したキーワードを含むツイートが表示されなくなる機能です。

機能は3月始めから順次提供されたので、もう皆さん全員使えると思います。(使えない場合はアプリを更新して下さい)

今回は、強化されたTwitterの「ワードミュート」機能をiPhone、Androidなどで使う方法を画像つきで解説します。

広告

Twitter ワードミュートの設定方法

iPhoneでのワードミュートの設定方法

TwitterのiPhoneアプリを起動し、ホーム画面の自分のアカウントのアイコンを押します。

出てきた項目の中から、「設定とプライバシー」を選択します。

「通知」を選択します。

「ミュート中」を選択します。

「ミュートするキーワード」を選択します。

「追加する」ボタンを押し、キーワードの追加画面に移動します。

単語やフレーズを入力します。この画面でミュートの適用範囲や適用期間などを指定できます。

キーワードを入力したら右上の「保存」ボタンを押して下さい。

入力した文字がミュートするキーワードとして追加されます。

Androidでのワードミュートの設定方法

TwitterのAndroidアプリを起動し、「通知」の画面に移動し、通知の画面の右下にある歯車ボタンから通知の設定を開きます。

「ミュートするキーワード」を選択します。

「+」ボタンを押し、キーワードの追加画面に移動します。

単語やフレーズを入力します。この画面でミュートの適用範囲や適用期間などを指定できます。

キーワードを入力したら右上の「保存」ボタンを押して下さい。

入力した文字がミュートするキーワードとして追加されます。

簡単に追加できるTwitterのワードミュート

以上が、Twitterの「ワードミュート」機能をiPhone、Androidで使う方法です。それiPhone、Android以外でのワードミュートの設定方法は公式ヘルプに書かれています。

ワードミュートの設定方法は覚えてしまえば簡単です。ミュートする期間も指定できるので、映画、ドラマ、アニメなどのネタバレ回避に使えます。

Twitterで目にしたくない話題があれば、ぜひ「ワードミュート」を活用して、安心して見れるタイムラインにしてみましょう。

広告

[Twitter] Androidアプリ, iPhoneアプリ, SNS, コミュニケーション