PLUS1WORLD

当時の広島感あふれる映画『この世界の片隅に』感想・レビュー

昨日から全国上映が始まった映画「この世界の片隅に」を映画館で観てきました。

映画の舞台が戦時中の広島の呉なので、広島生まれ&広島育ち&被爆者三世の私は前々から気になっていた作品でした。

見に行った映画館の座席はほぼ満員。様々な年代の方が来ていました。

以下は、ネタバレありの『この世界の片隅に』の感想・レビューです。

広告

映画『この世界の片隅に』感想・レビュー

『この世界の片隅に』(11/12(土)公開)本予告 – YouTube

広島感が凄い

映画開始早々、映画の登場人物のセリフが広島弁全開です。映画は最初から最後まで広島弁で進みます。

しかも、当時の古い広島弁なので、今では聞き慣れない広島弁(つかあさい等)も多く、懐かしさに溢れていました。

とにかく古めの広島弁が繰り広げられるので、私は自分の祖母と会話をしているような感覚になりました。実家のような安心感!

他にも作中で、『広島、江波、呉』と広島の地名と風景が出まくるので、広島市と呉に住んだことがある私にとっては地元感がすごかったです。

ぼーっとした主人公「すず」が可愛い

女優の「のん」さん演じる今作の主人公「北條すず」は思っていたよりぼーっとした主人公でした。

最初こそ声を聞いて、声を収録したのんさんの顔が思い浮かびましたが、すぐに慣れました。

作中でボーッとしたすずが照れたり、とぼけたり、ずっこけたりするたびに、愛らしさがにじみ出ていました。のんさんの声のおかげかもしれません。プロの声優には出せない良さがありました。

のんさんが声優として上手いかどうかはともかく、観終わった今となっては、この作品のすずの声にピッタリあっていると思います。

戦時中の広島を描いた作品ですが、映画前半は主人公が面白おかしく色々としでかすため、笑いながら観てました。映画前半は笑えるシーンが多かったです。

日常と戦争とまた日常

この映画では主に広島で暮らす主人公すずの日常が描かれますが、映画が進むにつれ、戦争の描写が増え、終戦とともに減っていきます。

日常と戦争が交互に描かれる様子は寄せては返す、海の波のようでした。

アニメでは当時の様子、建物、小物、生活が丹念に描かれていて、それが作品が進むに連れて消えていくので、戦争によって日常が奪われていく当時の様子が伝わってきました。

劇中で、呉に空襲に来たアメリカの敵機を対空砲火で迎え撃ってるシーンがあるのですが、砲撃がびっくりするほどカラフルで驚きました。

広告

[映画感想] アニメ, レビュー, 広島, 戦争, 映画, 歴史