スタディサプリENGLISHでTOEIC L&R対策を始めてみた【英語勉強】

私は前々から英語を学ぶこと自体には興味があったのですが、現実で色々あって学習を中断せざるを得ない状況になり、英語学習は上手くいっていませんでした。

しかし、最近また英語を学びたいという気持ちが再燃したので、とりあえずTOEICテストを目標に英語の勉強を始めることにしました。

TOEICテスト自体は4年前にL&Rテストを受けていて、その時のスコアは535点でした。それから全く勉強していないので、今同じテストを受けたら350~450くらいのスコアになるのではないかと思います。

過去にTOEICテストの勉強をした時は主に過去問題集や書籍を利用してみましたが、今回始めるTOEICテストの対策にはスタディサプリENGLISHというサービスを使ってみることにしました。

「スタディサプリENGLISH」って どんなの?

英会話・TOEIC®対策に│リクルートのスタディサプリENGLISH

「スタディサプリENGLISH」はリクルートが提供する英語学習のサービスです。

私は「TOEIC L&R対策コース ベーシックプラン」を選択していますが、その他にも「TOEIC®L&R対策コース パーソナルコーチプラン」「日常英会話」のプランを選択できます。それぞれ料金が異なります。

どのプランも7日間の無料おためし期間がありますが、サービス利用開始時にお試し期間終了後の料金プランを選択してから利用を開始する形になっています。

「スタディサプリENGLISH」はWebブラウザ、iPhone、iPad、Androidといった多様な環境で利用できます。

スタディサプリENGLISHを使う前の勉強環境

スタディサプリENGLISHを使い始める前は、様々な英語学習方法を試してみました。

昔から、私のTOEICテストの勉強方法は、どうすれば効率よく学べるか試行錯誤の連続でした。

最初に英語の勉強を始めた頃はTOEICの過去問題集やTOEICテスト頻出単語が載った書籍を使った勉強方法を行っていました。ですが、やってみてイマイチ効率が悪いと気づきました。

実際やってみて、紙を使った学習だと問題と回答を見比べて学習することが非効率だと感じました。自分で採点する必要がある時点で書籍による学習は効率が悪いです。

紙の過去問題集を使って学ぶことはTOEICテストの本番環境に近い状態で学べることには価値がありますが、それは一度問題集を解けば十分だし、過去にTOEICテストを受けたことがあるなら必要ありません。

TOEIC Listening & Reading テストは結局マークシート式なので、コンピュータ上で勉強した方が採点が自動で行われるため、すぐに解答が合っているか分かります。

この効率の悪さが分かった時点で、私は紙の過去問題集や書籍で勉強するのをやめました。

ゲームやアプリを使った学習

紙による勉強をやめた後は、コンピュータの端末を使った英語の勉強を始めることにしました。