Kindle電子書籍リーダーを初期化してデータを消去する方法

タグ: Kindle, ノウハウ, 初期化, 電子書籍

あなたはKindleを使っていますか? 私は最近セールでKindle電子書籍リーダーを買い換えました。新しいKindleリーダーは初期不良もなく問題なく使用できているので古いKindle電子書籍リーダーが不要になってきました。

Kindleリーダーを買い替えた人の中には古いKindleリーダーを知人に譲渡したり、売って処分したりする人もいるでしょう。Kindle電子書籍リーダーはAmazonのアカウントと紐付いているため個人情報が内部に含まれています。

不要だからといってそのまま売却や譲渡などの処分をすれば個人情報の漏洩に繋がりかねません。今回はKindleリーダーを手放す前にやっておきたい、Kindle電子書籍リーダーを初期化してデータを消去する方法を解説します。

Kindleリーダーを初期化してデータを消去する方法

Kindle電子書籍リーダーを初期化してデータを消去するには、Kindleのホーム画面から上部バーに表示されている「クイックアクセス」を押します。

「すべての設定」を選択します。

出てきた項目の中から「端末オプション」を選択します。

「リセット」を選択します。

リセットしても問題ないか確認されるので、問題なければ「はい」を選択します。以上の手順でKindle端末の初期化が開始されます。

Kindleリーダーは初期化してから処分しよう

以上が、Kindle電子書籍リーダーを初期化してデータを消去する方法です。初期化した場合、データは完全に削除されるので、初期化する前に本当にその端末のデータを消しても問題ないか事前に熟慮しておきましょう。

Amazonのアカウントは住所やクレジットカードなどのデータと紐付いているため、やはり個人情報保護のためKindleリーダーは処分する前に初期化するのがおすすめ。Kindleを手放す前に初期化してデータを削除しましょう。

Kindle買換に伴って古いKindleを初期化する場合は、初期化を行う前にKindleの新旧端末で同期を行っておきましょう。同期を行っておけば、どの本をどこまで読んだのかという読書データが新しい端末でも引き継がれます。

《増補改訂版2020》本好きのためのAmazon Kindle 読書術: 電子書籍の特性を活かして可処分時間を増やそう!

《増補改訂版2020》本好きのためのAmazon Kindle 読書術: 電子書籍の特性を活かして可処分時間を増やそう!