PLUS1WORLD

Amazonプライムビデオ(映画&ドラマ・動画見放題配信)

Instagram(インスタ)

無料・トライアル

瞑想のやり方が分からない時に「脳波の見える化」が効果的だった!

皆さん、瞑想(めいそう)してますか? 現代はストレスの多い社会なので「マインドフルネス瞑想」の需要が高まっています。

私も一ヶ月ほど前から、瞑想をはじめましたが全くの初心者だったので最初は瞑想がうまくいっているのか分からず、効果を実感できない状態が続いていました。

何か、良い解決策はないかなと探ってみると、脳波計を使った瞑想の仕方を見つけました。このやり方が自分には効果的で役立ちました!

これから瞑想を始める人や、瞑想をやっているけどうまく出来ない人向けに、脳波計を使った瞑想のやり方を解説します。

瞑想初心者におすすめの「脳波の見える化」

瞑想のやり方が分からない初心者にありがちなこと

瞑想のやり方が分かっていない瞑想初心者にありがちなのが、「ちゃんと自分が瞑想できているのか分からない」ということです。

ちゃんと座って目をつぶって集中して深く呼吸しているのに、『瞑想が出来ている実感が全然湧いてこない』というのは珍しくありません。実際に私もなりました。

瞑想をした後に体に大きな変化があれば分かりやすいのですが、瞑想した後で変わるのは基本的に「脳の状態」くらいなので、自分が瞑想をうまく出来たか判断することは難しいです。

瞑想がうまくいっている実感が湧かないと瞑想を時間の無駄のように感じてしまうようになります。

うまくいってるか分からないものを続けたり上達させたりするなんて難しいですよね? そこで役立つのが脳波計です。

脳波計は瞑想初心者の補助輪

脳波計をつけて瞑想を行うと、瞑想中にちゃんと集中できていたか、脳波は安定していたか瞑想後に確認できます。

自分の脳の状態を客観的かつ具体的に知ることが出来るので、自分にとっての最適な瞑想のやり方や環境を導き出せます。

どのような時間帯や気温、周囲の明るさが自分の瞑想にとって最適なのか、どのように呼吸すれば自分の脳波は安定するのか、どのようなポーズなら集中力が途切れないのか、自分の瞑想を客観視でき、瞑想のコツを掴みやすくなります。

自転車の初心者が補助輪を使って練習するように、脳波計を使えば瞑想初心者の上達の補助になります。

瞑想は目をつぶって行うものなので、うまくなるための取っ掛かりがほとんどありません。何か具体的な指標があるのは瞑想の上達・習得の足がかりとなります。