PLUS1WORLD

電気料金も安い! 『なかぎしの電気敷き毛布』はおすすめの暖房器具

denki-mofu-nakagishi-0001

私は子供の頃から冷え性で、冬の夜は手足が冷えて、よく眠れないということが結構あります。

実家では、電気アンカやゆたぽんを使っていたので、寒い冬でもしのげました。しかし、今年は東京に引っ越したので寝る時用の体を温める道具を持っていません。

なので、この度は自分で暖房器具を用意する必要が出てきました。そして、今回はじめて電気毛布を買ってみました。

購入した「なかぎしの電気敷き毛布」が思っていた以上に良かったので紹介してみたいと思います。

広告

おすすめの「なかぎしの電気毛布」の特徴

B005HMMBYE
なかぎし【水洗いOK】 敷き毛布 140×80cm NA-023S

こちらが今回購入した、なかぎしの電気敷き毛布です。

電気毛布は安心の日本製

denki-mofu-nakagishi-0002

なかぎしの電気敷き毛布は安心安全の日本製の電気毛布です。

最近では大手電機メーカーのパナソニックであっても電気毛布は中国製であることも珍しくありません。やはり、直接肌に触れる製品なので日本製を使いたいという気持ちがあります。

denki-mofu-nakagishi-0003

電気毛布の説明書も勿論日本語。電気毛布を使う上での注意点が細かく書かれています。

電気毛布は洗濯可能

denki-mofu-nakagishi-0008

なかぎしの電気毛布は洗濯可能です。

電気プラグのコネクタ部分を外すことが出来、毛布だけを洗うことが出来ます。

ダニ退治機能付き

denki-mofu-nakagishi-0005

電気敷き毛布にはダニ退治機能が付いています。約3時間通電することで、ダニが退治できます。

ウォッシャブルな毛布と合わせてこの機能を使うことで、毛布を常に清潔な状態に保てます。

バックライト付きコントローラー

denki-mofu-nakagishi-0009

電気敷き毛布のコントローラーはバックライト付きです!

暗い部屋でも操作できるので、寝ながらの温度調節が簡単です。その日の体の冷え具合に合わせて布団から出ることなく温度調節できます。

電気料金も安い電気毛布

今回紹介する、電気敷き毛布(型番:NA-023S)は驚異の省エネ電気毛布で暖房代も化石燃料の暖房器具よりかかりません。

電気代は1時間あたり、強:約0.8円、中:約0.5円、弱:約0.1円です。24時間「強」で付けっぱなしにしても1日20円もかかりません。

実際そんな使い方はしないので、1ヶ月の電気代は500円もかからないでしょう。暖房器具としては驚くべきコストパフォーマンスです!

頭寒足熱の配線設計

denki-mofu-nakagishi-0007

人間、足を温めて頭を冷やせば眠くなるということは「こたつ」が証明してます。

なかぎしの電気毛布も頭寒足熱を基本にした配線設計となっていて、冷えやすい足元はしっかり暖め、胸元はソフトに暖めてくれます!

この敷き毛布を実際使ってみると「こたつ」に入っているかのごとく気持ちよく眠れました!

掛け毛布・膝掛けとしても使用可能

denki-mofu-nakagishi-0004

なかぎしの電気敷き毛布(型番:NA-023S)のサイズは140 × 80cm で敷き毛布以外にも掛け毛布、ひざ掛けとしても使えます。

日中は膝掛けとして使い、夜は敷毛布にするという使い方も可能です。

室温センサー機能が付いているので、室温の変化を感知し、最適な温度を自動で保ってくれます。

安くておすすめ『なかぎしの電気毛布』

既に使い始めて、3日ほど経っていますが、この電気毛布のおかげで寒い夜でもぐっすり眠ることが出来るようになり重宝しています。

改めて『なかぎしの電気敷き毛布』の特徴をまとめると、

  • 洗える毛布
  • ダニ退治機能
  • 室温センサー付き
  • 頭寒足熱配線
  • バックライト付きコントローラー

となります。

機能が多いため値段が高そうな印象を受けますが、現在Amazonで2,500円と良心的な価格なので、冬の電気代に困っている人には暖房代節約アイテムとして、かなり使えるのではないでしょうか。

最近、手足が冷えてよく眠れないという方は是非「なかぎしの電気敷き毛布」の使用を検討してみてください。

B005HMMBYE
なかぎし【水洗いOK】 敷き毛布 140×80cm NA-023S