PLUS1WORLD

デスクトップパソコン(Windows)のHDDをSSDに移行した手順の記録

windows-7-pc-hdd-to-ssd-0001

私が日頃使っているデスクトップパソコンが最近遅くなってきました。

PCの動作が遅くなるたびにハードディスク(HDD)がガリガリと音を立てていたので、かなり消耗してるんだなと思い、HDDを交換することにしました。

せっかくなので、パソコンの速度の遅さを改善するためにデスクトップPC(Windows 7)のHDDをSSD(ソリッドステートドライブ)に移行することにしました。ストレージにSSDを使うのは人生で初めてです。

以下、HDDからSSDへの交換手順を書き残しておきます。

広告

デスクトップPC を HDD から SSD にした手順

デスクトップパソコンのHDDは1テラバイトのものを使用してました。

それをまるごとSSDに変えてしまうと、SSDはHDDよりも高価であるため同じ容量だとかなり高くつきます。(4万円以上)

なので、HDDの内容物をまるごとSSDに入れるのではなく、OSなどの主要な部分をSSDに、その他のファイル(マイドキュメント・マイミュージックなど)は別のHDDに移行することにしました。

SSD移行前の準備

まず、SSDに移行しない「マイドキュメント」などのファイルは、別のHDDに移動しました。容量によってはかなり時間がかかります。

データを移動させるときに、これは本当に今後必要なデータかどうか考えてからコピーすると時間と容量を節約できます。

「マイドキュメント」などのデータを移した後は、OSが使っている無駄なデータの削除にとりかかります。

私のデスクトップPCは3年ほど使ってきたパソコンだけあって、OSが使っているハードディスク内の領域もかなりのものになっていました。

SSDに移行する前にWindows 7のOSが使用している無駄ファイルを削除します。

Windows 7 の不要なファイルの削除にはこちらの記事こちらの記事が役立ちました。

OSで使用していた無駄な領域を削除したのでSSDへの移行がやりやすくなりました。

用意したSSD

B00VX82P38

Transcend SSD 256GB 2.5インチ SATA3 6Gb/s MLC採用 3年保証 TS256GSSD370S

購入時の価格は256GBのSSDで1万円ほど。昔に比べてSSDがかなり安くなっていて驚きました。

windows-7-pc-hdd-to-ssd-0002

購入したSSDには商品に対応した3.5インチ用のブラケットが付属しているため、ケースなどを用意しなくても、そのままデスクトップPCに装着できます。

[知識&ノウハウ] Windows, まとめ, ストレージ, ツール, ノウハウ, パソコン