PLUS1WORLD

iPhoneの画面録画をPC(Windows)で出来るアプリ「AirServer」の使い方

iphone-record-airserver-0001

iPhoneの画面を録画をしたいと思ったことはありませんか?

「パズドラ」や「モンスト」などのゲームプレイ動画作成やアプリの解説のために iPhoneの画面を録画したいという人は年々増えています。しかし、その一方でAppleは公式のiPhoneの画面録画アプリを提供していません。

iPhoneの画面を録画する方法として結構有名な「Shou」というアプリがあります。パソコン無しでiPhoneのスクリーンを録画できる無料アプリとして有名でしたが、「Shou」は最新のiPhoneでは録画できません。なぜなら iOS9 以降の iOS に対応していないからです。

iPhoneをアップデートしたので「Shou」で録画できない困った! という人のために、今回はPC(Windows)を使って iPhoneの画面を録画する方法をご紹介します。もちろん脱獄なしで利用できます。

広告

iPhoneの画面を録画出来る「AirServer」の使い方

「AirServer」はiPhoneの画面をパソコンの画面に映し出すアプリケーションソフトウェアです。

まず「AirServer」を手に入れるには、こちらからダウンロードします。

パソコンに「AirServer」をインストールしたら、iPhoneと「AirServer」が問題なく接続できるか確認しましょう。

パソコン側の「AirServer」が起動していることを確認したら、iPhoneからパソコンの「AirServer」に繋ぎます。

iPhoneから「AirServer」に繋ぐ

iphone-record-airserver-0004

iPhoneの画面を下から引っ張りあげ「コントロールセンター」を表示させます。

iphone-record-airserver-0005

コントロールセンターの「AirPlay」を選択します。

この時点で「AirPlay」が表示されていない場合、iPhone側からパソコンが認識されていません。パソコンがiPhoneと同じネットワーク内に存在するか確認しましょう。

iphone-record-airserver-0006

「AirPlay」を選択すると、ミラーリング対象となるパソコンの接続先が表示されます。AirServerを起動しているパソコンを選択して下さい。

iphone-record-airserver-0007

ミラーリングの項目が表示されます。これをオンにすることでパソコンの画面にiPhoneの画面が表示されるようになります。

iPhoneと「AirServer」の詳しい接続方法はこちらのページから確認できます。うまくいかない場合は参考にして下さい。

PCに映し出されたiPhoneの画面を録画する

ここまでは、iPhoneの画面をパソコンに映し出すまでの流れです。

「AirServer」自体には録画機能がないため、録画するにはパソコンの画面を録画(キャプチャ)できるソフトが必要になります。

[動画制作] iPhone, iPhoneアプリ, ツール, 動画