PLUS1WORLD

WordPress5.0が使いにくい…。AMP周りも微妙すぎるので注意!

WordPress5.0のアップデートちょっと待って!

あなたのブログのプラットフォームは何ですか? このブログは現在WordPressで運営しています。(大昔はBloggerでした)

WordPressはカスタマイズ性の高さが売りのブログプラットフォームです。このブログも自由にカスタマイズして運用しています。

そのWordPressが一月前に、2018年12月6日に新しいバージョンである「WordPress 5.0」を正式にリリースしました。私は試しで使ってみましたが、第一印象は「使いにくい」という印象でした。

WordPress5.0が使いづらい…、特にエディタ

このブログはまだWordPress5.0はありませんが、テスト用に使っている別のブログをWordPress5.0にしてみました。

WordPress5.0で大きく変わるのは、ブログ記事を執筆するエディタ周りです。新しいエディタは「Gutenberg」(グーテンベルク)と呼ばれています。

「Gutenberg」(グーテンベルク)が使いにくい

WordPress5.0の売りである「Gutenberg」(グーテンベルク)は今までのテキストベースのエディタから大きく変わっています。

「Gutenberg」は投稿をブロック単位で編集します。

ブロック単位の編集は画像や文章の挿入や入れ替えが誰でも簡単に出来るようになります。スマートフォンやタブレット型端末からの編集が容易になるのではないかと思います。

その一方でWordPressを昔からバリバリ使ってる層なら、文章の入れ替えは自分でコピー・アンド・ペーストした方が早いと感じる人もいるでしょう。

WordPressは自由度の高いプラットフォームです。記事文中のHTMLをゴリゴリいじってる人も多いと思います。

「Gutenberg」は投稿の編集がどうしてもブロック単位となってしまうため、記事の中でコード直打ちしたいという人にはとても使いにくいエディタとなっています。

「Gutenberg」単体の評価ですが、現時点ではかなりの不評のようです。私も記事中のコードを直接いじる事が多いため使いにくと感じています。

「Classic Editor」はとても人気

WordPress5.0にアップデートしたあとでも以前のような投稿画面が使いたい人向けに「Classic Editor」という以前のエディタが使えるWordPressプラグインが提供されています。

エディタを「Gutenberg」に変えてがっかりした人が多いのか、こちらは現時点ではかなりの高評価です。