PLUS1WORLD

WordPress5.0が使いにくい…。AMP周りも微妙すぎるので注意!

1 2

しかし「Classic Editor」は2022年までしかサポートされません。ご注意ください。

WordPress5.0 でAMPが残念なことに

WordPressを利用している人の中にはブログをAMP(Accelerated Mobile Pages)に対応させモバイルでの表示速度を上げている人もいると思います。

私はWordPressの自作したテンプレート(テーマ)を使用しているのでWordPress公式のAMP対応プラグインを使用せずに、自力でAMPに対応させています。

なので記事中の文章をAMPでも表示できるように自前でAMPのタグに変換していたのですが、WordPress5.0 に変更して以降、AMPで画像が表示されなくなりました。

原因を探ったところ、原因は「Gutenberg」エディタにありました。

「Gutenberg」以前のエディタであれば、記事中に画像を挿入すると自動で画像のHTMLに width,heightといった画像の幅と高さの情報が設定されていましたが、「Gutenberg」では画像の幅と高さがHTMLで設定されていません。

これの何が問題なのかというと、幅と高さの情報がないとAMPで正しく画像が表示されなくなります。

私のブログはAMPに対応する際に記事中の画像の img タグを amp-img タグに変換する処置を行っていますが、もともとのHTMLに高さと幅が設定されていなければ変換後のタグにも幅と高さは設定できません。

このような仕様変更があったので、自前でAMP用のページを提供するのが困難になりました。AMP と Gutenberg の相性は最悪です。

「Classic Editor」を使えば画像挿入時に幅と高さは以前と同じように設定されますが、いずれプラグインが使えなくなることを考えると不安しかありません。

とりあえずClassic Editorは入れとけ!

WordPress5.0の評判の悪さを聞いて、WordPress5.0へのアップデートを見送っている人も多いと思います。私もその一人です。

現時点でも様々な不具合が報告されていて、WordPress5.0にしてしまうと「Gutenberg」で過去記事を編集した際に記事中でdivタグが全て消えてしまうそうです。恐ろしいですね。(ソース

WordPress5.0にアップデートしないにしても、プラグインのClassic Editorはインストールして有効化しておくべきです。誤ってWordPress5.0にアップデートした時、に間違って記事内容を変換してしまわずに済みますよ。

ClassicPressというものも開発されているようですが、正直未知数でお薦めはできません。

1 2