映画『名探偵コナン ゼロの執行人』 感想・レビュー

本日、名探偵コナンの映画でシリーズ22作目となる劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人』を観てきました。

公開初日だったので、映画館は結構混んでいました。座席はネットで予約していたので、ほぼ真ん中に近い位置で快適に見ることが出来ました。

以下は、ネタバレを含んだ映画『名探偵コナン ゼロの執行人』の感想・レビューです。

『名探偵コナン ゼロの執行人』感想・レビュー

映画予告編にもあるコナンの台詞「正義のために人が死んでもいいのか!」という台詞。

ピアノソナタ「月光」殺人事件で犯人を推理で追い詰めて自殺させたコナン君が言うと、経験を踏まえた忠告なのか、おまいう(お前が言うな)なのか判断が難しいところですね……。

映画の3分の1は重めな刑事モノ

今作のゼロの執行人は、映画の話の中心となる人物が公安警察所属の安室さんなので、映画の3分の1くらいのパートは刑事ドラマを観ているような感覚でした。

警察関係、法律関係の用語が飛び交ったり、描写が多かったりするので結構シリアスです。推理パートまでは結構展開が早く情報も多いので息をつく暇もありませんでした。

警察中心と言っても、中心となるのは公安警察なので、高木刑事や佐藤刑事、目暮警部などの活躍はありません。その代わり、公安の風見裕也の仕事ぶりが堪能できます。

この映画はコナン、安室透、風見裕也の3者がカッコよく立ち回るシーンで構成されているため、この3キャラクタのどれかのファンなら観に行って損は無いと感じました。特に安室さん、モノレールに車で突っ込むなんてやり過ぎです!

最初からクライマックスのエンタメ映画

映画序盤にサミットが行われる大きな施設が爆破されるので、「おいおい、最初に爆発シーン持ってきて大丈夫か?」と終盤の盛り上がりが欠けてしまうことを危惧しましたが杞憂でした。

サミット会場爆破から始まり、現場にいたと思われる安室透を含めた公安警察の不穏な動き、毛利小五郎の逮捕、妃英理に近づいてきた弁護士の不審な動き、コナンと安室の盗聴合戦、安室透と風見裕也の意味深な会話シーンなど、色々と盛り沢山な内容です。

盛り込みすぎて、観客がついていけるのか不安でしたが、話についていけなかったとしても、クライマックスは衛星(カプセル)の落下の阻止というシンプルな話に落ち着くため、観た人の多くが楽しめる作りになっていました。

個人的に残念だったのは毛利小五郎の活躍が無かったところです。映画の予告映像に毛利小五郎の活躍を期待させるシーンがあったのに、本編ではそのシーン以上のことはありませんでした……。