PLUS1WORLD

映画『傷物語<Ⅱ>熱血篇』感想・レビュー

本日、映画「傷物語<Ⅱ>熱血篇」を映画館で観てきました。映画「傷物語」全3部作の第2部にあたる作品です。

上映初日だけあって、映画館は少し混んでいました。平日にこんなに見に来るなんて流石は人気の物語シリーズですね! ちなみに私は傷物語の原作は未読です。

今回は、そんな私が見たネタバレありの「傷物語<Ⅱ>熱血篇」感想・レビューです。前回の 鉄血篇の感想はこちら です。冷血篇の感想も書いています。

広告

映画『傷物語<Ⅱ>熱血篇』感想・レビュー

傷物語〈Ⅱ熱血篇〉本予告(8/19全国ロードショー) – YouTube

戦闘シーンのアクションが結構激しい

前作で吸血鬼のキスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードを助けてしまったがために、吸血鬼の眷属となってしまった主人公の阿良々木暦くん。

人間に戻るため、バンパイアハンターの3人と戦い、キスショットの奪われた四肢を取り戻すことになります。

その影響で、今作はバンパイアハンターの「ドラマツルギー、エピソード、ギロチンカッター」の3人と戦うことがメインのストーリーとなっています。

そのためアクションシーンが豊富で主人公も敵キャラも動く動く! 気合の入ったアクションシーンが楽しめます!

ドラマツルギーとエピソードとの激しい戦闘シーンは阿良々木くんが一方的にやられるシーンが多く、「どうやって勝つんだ?」と少しハラハラしました。

劇中にアクションシーンが多い影響で、グロいシーンも多めです。阿良々木くんの腕も千切れて飛びまくります。(コミカルな音付きで)

羽川さんが戦闘に巻き込まれて脇腹をえぐられ腸をぶちまけるのシーンは、苦手な人にはキツイんじゃないかなと思いました。

段階的に回復するキスショットが美しい

劇中で阿良々木くんがボロボロになりながら、バンパイアハンターからキスショットの体(四肢)をなんとか少しずつ取り戻していきます。

その過程でキスショットが段階的に幼い姿から本来の姿に戻って行きますが、その元に戻っていく姿が美しかったです。

妙にエロいというか、存在が官能的でした。

また、エロいだけでなく、キスショットのコミカルな動きも可愛かったです。「取り戻した足を口の中で頬張るキスショット」は笑えました。

キスショットが自身の記憶を確認するため、頭に手を突っ込みこねくり回すシーンもありましたが、あれはグロコミカルと言ったところでしょうか。

まさか、阿良々木くんも同じことをやるようになるとは思いませんでしたが……。

阿良々木君と羽川さんの会話が多い

今作では、阿良々木君と羽川さんの会話がとても多かったです!

[映画感想] アニメ, ホラー, レビュー, 小説, 映画