PLUS1WORLD

『名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのラブレター)』感想

本日から公開の映画『名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのラブレター)』を観てきました。

早朝の回を見に行きましたが、映画館は朝8時半過ぎにも関わらず、満員電車なみに混んでいました。コナンくん人気過ぎだろ……。

以下、ネタバレありの映画『名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのラブレター)』の感想・レビューです。

広告

映画『名探偵コナン から紅の恋歌』感想・レビュー

推理&アクションが斬新だった

推理パートで斬新だったところ

名探偵コナンといえば、犯人を割り出す推理パートが作品の見所でもありますが、前作の純黒の悪夢は実質アクション映画だったので推理はほぼありませんでした。

今作ではコナン(新一)と服部平次くんが推理しながら真実にたどり着く過程が描かれているので、名探偵コナンの推理パートが好きな人は楽しめると思います。

今回の映画の推理パートで個人的に面白かったのが、『犯人と思われる人物を問い詰めた上で泳がせる』ところです。

基本的に、名探偵コナンでは容疑者と思われる人物に証拠を突きつけて自白を促すのですが、今作では疑わしき人物を直接呼び出し、証拠は提示せずに「不自然な点」を指摘しまくって、相手がどう出るかを見るというやり方をとっていました。

普段から「真実はいつも一つ!」と言ってるコナン(新一)が、真実もはっきりしてないまま、このような行動に出るのは斬新に見えました。

というかコナン君は昔、「犯人を推理で追い詰めて、みすみす自殺させちまう探偵は殺人者とかわんねーよ」と言ってなかったっけ???(ピアノソナタ「月光」殺人事件)

相手がどんな行動に出るかも分からないのに思い切った行動をするなぁと思いました。

アクションシーンで驚いたところ

映画前半部分の見どころにテレビ局爆破シーンがありますね。

そこのシーンで驚いたのが、コナンの持っている犯人追跡メガネで服部平次の居場所を割り出すところです。

1回目の居場所を割り出すところではGPSで計測して、まだ平次がテレビ局の中にいる程度ことしか分からないのですが、2回目の計測では平次がテレビ局内のどのくらいの高さの位置にいるのかまで把握していたので驚きました。

GPSでは説明がつかない精度で位置を割り出しているので、コナンは服部平次に発信器でも埋め込んでいるのか??? と思いました。

犯人追跡メガネ以外にも、今作では伸縮サスペンダーとボール射出ベルト、ターボエンジン付きスケートボードが大活躍!

広告

[映画感想] アニメ, レビュー, 映画