PLUS1WORLD

映画『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』感想:レビュー

本日、名探偵コナンの映画でシリーズ23作目となる劇場版『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』を観てきました。

公開初日だったので、映画館は少し混んでいました。座席はネットで予約していたので、後ろの方の真ん中に近い位置で快適に見ることが出来ました。

以下は、ネタバレを含んだ映画『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』の感想・レビューです。

映画『名探偵コナン 紺青の拳』感想・レビュー

コナンの映画はとりあえず全部見ていますが、京極真がここまでフィーチャーされた作品はなかったので、そこは新鮮に感じました。

怪盗キッドは、もう何度も映画に出ているので新鮮味は薄いですが、シンガポールの街を飛び回る怪盗キッドは観光気分が味わえてよかったです。

子供が見るには辛いかも知れない映画

今作の舞台はシンガポール。なので登場人物たちの会話が日本語ではないシーンが結構ありました。

日本語ではないシーンは会話が字幕で表示されるのですが、文字を読むのが遅い子供や字幕慣れしていない人には少々きついかも知れません。

推理パートも結構複雑だったので、小さい子供を連れて気軽に見に行けるような作品ではありませんでした。

コナン海外行けない問題の解決法

皆さんご存知の通り、江戸川コナンは工藤新一なので、工藤新一のパスポートは持っていても江戸川コナンのパスポートは持っていません。

コナンが日本から出国するには薬を飲んで新一の姿になっていなければなりません。今作は舞台が海外なのでどうやって出ていくのか気になってました。

映画の冒頭で毛利蘭たちとシンガポールに行きたい一心のコナンは灰原に元の姿に戻れるように薬を何度も要求しますが、灰原は呆れ顔で拒否

そのシーンのコナンくんは危ない薬に手を出してるヤバいやつにしか見えませんでした。(笑)ダメゼッタイ!

結局コナンは新一になるのを諦めてしまったので、どうやってシンガポールに入国するのかと思っていたら、まさかの「密入国」でした!

コナンはキッドに誘拐されて、本人が知らない間にトランクで運ばれて密入国していました。しかし、密入国の方法にかなり無理がありました。(笑)

その後コナンくんは『アーサー平井』と名乗って国籍まで偽ってるので、もはや犯人に犯罪がどうのこうの言う筋合いはないと思います。(笑)