PLUS1WORLD

映画『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』感想:レビュー

本日、名探偵コナンの映画でシリーズ23作目となる劇場版『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』を観てきました。

公開初日だったので、映画館は少し混んでいました。座席はネットで予約していたので、後ろの方の真ん中に近い位置で快適に見ることが出来ました。

以下は、ネタバレを含んだ映画『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』の感想・レビューです。

映画『名探偵コナン 紺青の拳』感想・レビュー

コナンの映画はとりあえず全部見ていますが、京極真がここまでフィーチャーされた作品はなかったので、そこは新鮮に感じました。

怪盗キッドは、もう何度も映画に出ているので新鮮味は薄いですが、シンガポールの街を飛び回る怪盗キッドは観光気分が味わえてよかったです。

子供が見るには辛いかも知れない映画

今作の舞台はシンガポール。なので登場人物たちの会話が日本語ではないシーンが結構ありました。

日本語ではないシーンは会話が字幕で表示されるのですが、文字を読むのが遅い子供や字幕慣れしていない人には少々きついかも知れません。

推理パートも結構複雑だったので、小さい子供を連れて気軽に見に行けるような作品ではありませんでした。

コナン海外行けない問題の解決法

皆さんご存知の通り、江戸川コナンは工藤新一なので、工藤新一のパスポートは持っていても江戸川コナンのパスポートは持っていません。

コナンが日本から出国するには薬を飲んで新一の姿になっていなければなりません。今作は舞台が海外なのでどうやって出ていくのか気になってました。

映画の冒頭で毛利蘭たちとシンガポールに行きたい一心のコナンは灰原に元の姿に戻れるように薬を何度も要求しますが、灰原は呆れ顔で拒否

そのシーンのコナンくんは危ない薬に手を出してるヤバいやつにしか見えませんでした。(笑)ダメゼッタイ!

結局コナンは新一になるのを諦めてしまったので、どうやってシンガポールに入国するのかと思っていたら、まさかの「密入国」でした!

コナンはキッドに誘拐されて、本人が知らない間にトランクで運ばれて密入国していました。しかし、密入国の方法にかなり無理がありました。(笑)

その後コナンくんは『アーサー平井』と名乗って国籍まで偽ってるので、もはや犯人に犯罪がどうのこうの言う筋合いはないと思います。(笑)

シンガポールの人に怒られないか心配

映画ではシンガポールの美しい街並みや夜景、象徴的なホテル(マリーナ ベイ サンズ)がこれでもかと出てきます。

しかし、ストーリーが進むに従って、ホテルが爆破されるわ、マーライオンが吐血するわ、海賊が出てくるわ、タンカーが港に突っ込んでくるわ、挙句の果てにホテルが派手にぶっ壊れるわで、まるでシンガポールで戦争でも起きたんじゃないかというぐらいの有様になっていました。

シンガポールの街が焦土と化すこの映画をシンガポールの人が見て激怒してしまわないか心配です。とにかく、アガサ博士は「芯がポール」とかふざけたこと言ってる場合じゃないと思います。

とにかく笑えるシーンが多め

今作のコナン映画は笑えるシーンとアクションシーン、そして推理パートをこれでもかというくらい詰め込んでいます。特にコミカルなシーンが多めでした。

キッドに嫉妬する京極さんも面白いし、蘭と並んでプールで夜景を見ているキッドに嫉妬するコナンも面白すぎました。

毛利のおっちゃんはオーラがないとか言われるし、鈴木財閥は動きが早すぎるし、キッドと蘭が話してるシーンは大体が笑えます。

特に京極さん、本人はいたって真面目なのですが、自分と園子を紐できつく縛ったシーンは笑うしかありませんでした。

その京極さんは映画の終盤で、ドラゴンボールに出てきても違和感がないキャラクタに様変わりしていて、コナンワールド最強間違いなしの男になってました。

人間やめるどころか、超サイヤ人だよ京極さん……。武器を持った海賊の相手してる毛利蘭や毛利小五郎も大概ですけどね……。

園子と京極真が好きなら間違いなくおすすめの映画

劇場版『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』は普段あまりスポットの当たらない園子と京極真の2人の関係性がしっかり描かれた映画でした。

劇場版の迫力とアニメーションで京極真のアクションと園子との絡みが描かれるので2人が好きなら必見の作品でした。怪盗キッド好きにもおすすめです。

来年は赤井秀一がメインの映画のようなので今から次回作を楽しみにしておきます。世良真純とかが出ないかな?

劇場版 『名探偵コナン 紺青の拳』オリジナル・サウンドトラック