PLUS1WORLD

マジでなんとかしてほしい“嘘の求人”の話

nise-kyujin-0002

皆さん、こんにちは! 就職活動中の今井阿見です。いろんな仕事の面接行ってます!

最近、ハローワークなどの職業紹介機関で実態とはかけ離れた嘘の求人が増えているそうです。NHKでも、最近報道がありましたので、これは全国的な傾向のようです。

手当あり→実はなし 求人票の「ウソ」に苦情多発 :日本経済新聞

実際私も就職活動を行う過程で、遭遇しています。ニセの求人情報を掴まされるとハッキリ言って就職活動の邪魔にしかなりません。時間の無駄です。

広告

就職活動の妨げとなる嘘の求人

過酷な労働を強いる「ブラック企業」が社会問題化する中、賃金や就業時間などがハローワークの求人票の記載と異なるとして、労使でトラブルになる例が相次いでいる。厚生労働省によると、求人票に関し昨年度は全国で7千件以上の苦情・相談が寄せられた。連合(東京・千代田)などは「入社前に労働条件を書面で確認することが大切」と呼び掛けている。

―― 手当あり→実はなし 求人票の「ウソ」に苦情多発 :日本経済新聞 より

職安(ハローワーク)じゃなくても、嘘の求人は普通にあります。

私が、先々週に遭遇した「正社員募集」の求人はなかなか酷かった。「正社員募集」の情報は求人情報誌に載っていたものです。

実際に会社に行き話を聞いてみると、本当に募集しているのは正社員ではなく「委託社員」で、委託社員っていうのは何かというと、ただの「個人事業主」で、派遣社員ですらない。会社から物品の販売を委託されているだけ。もちろん福利厚生などなく、保険も国民健康保険。

完全な出来高制で、何を売らされるのかというと、訪問販売で「饅頭」(まんじゅう)を売らされる。冗談かと思いましたよ。

実際に私は、その企業の仕事の見学にいきました。

先輩社員が訪問販売で個人の家に訪問して「饅頭」を売る光景を後ろから見ていました。

~見ていた光景(完全再現)~

ピンポーン! ガチャ!

「こんにちは!」「○○から来たXXです!」「饅頭いかがですか!」

「結構です。」

バタン!

……。

 

クルッ!

「こんな感じで、売っていきます!」

 

「売れてねーじゃねーか!」

と心のなかで盛大に突っ込みました。

その後、先輩社員といっしょにお宅を何件も周りましたが、1つも売れませんでした。

 

こいつはやべぇな!

いろいろと酷すぎて、その時は逆に楽しくなってきました!

 

とは言うものの、酷い求人を楽しむために就職活動をしているわけではないので、求人情報から嘘の記載が無くなることを切望しています。

無くならないんだろうなぁ。簡単には。