PLUS1WORLD

今観てこそ楽しめる! 映画『帰ってきたヒトラー』感想・レビュー

今、大ヒット上映中の激ヤバ映画『帰ってきたヒトラー』を先日見てきました。

映画館は平日の昼間の飯時なのに、かなり混んでました。皆さん、ヒトラー好きですねぇ(笑)。かつての同盟国ですからねぇ。今度はイタリア抜きでやりましょうね。

以下、ネタバレありの映画『帰ってきたヒトラー』感想とレビューです。

広告

映画『帰ってきたヒトラー』感想・レビュー

映画『帰ってきたヒトラー』公式サイト

ヒトラーが本物にしか見えない

映画に登場するアドルフ・ヒトラーは、過去から現代にタイムスリップしたという設定です。

見た目も動きも考え方も第2次大戦中のヒトラーそのままで、本物のアドルフ・ヒトラーにしか見えませんでした。

そっくりな役者さんがヒトラーを演じているのは分かるんですが、本物がヒトラーを演じているようにしか見えません。

なので、作中で「本物そっくりだ!」とドイツの人気者になり、移民問題や経済問題を大衆に語り、政治的なカリスマになっていく展開はとてもスリリングでした。

ヒトラーを怪物にするのは国民

この映画の作中で現代にタイムスリップしたヒトラーは周囲の勘違いもあってコメディアンになります。

本人にそのつもりはなくても「ヒトラーを演じるコメディアン」(ものまね芸人)として認識されています。しかし、その一方で「彼の言うことも一理ある」と徐々に支持を集めていくことになります。

この流れが、史実のアドルフ・ヒトラーそのもので、背筋が凍りました。

ナチス・ドイツのヒトラーも最初は笑われていました。不況になり、人民が困窮しだすと急速に支持を集めました。

映画の中では当時と違い、テレビやインターネットがあるので史実のアドルフ・ヒトラー以上の速度で彼は注目を集めていくことになります。

そんな中でドイツ国民が困っているのを”支持を集めるいい状況”だと捉えているヒトラーが恐ろしかったです。

優秀な多重メタフィクション映画

この映画はヒトラーを題材にしたブラック・コメディ映画・社会風刺映画と認識されています。

しかし、この映画はメタフィクション映画としてもかなり優秀です。

まず、この映画の土台が「第2次大戦でヒトラーが死んだ」という史実を下敷きにしたフィクションです。

そのフィクション(映画)の中で、さらにフィクションが作られていくという多重構造になっています。

多重メタフィクション

  1. 帰ってきたヒトラーというフィクション
  2. 映画の中でヒトラーが蘇った自分についての小説を書く
  3. 小説を元にヒトラーが「帰ってきたヒトラー」という映画を制作
  4. 映画の中でヒトラーを演じるヒトラーを殺すという展開
  5. 殺そうとした話自体が作り話で妄想(または映画の脚本)

フィクションの階層が映画が進むにつれて、より深く複雑になります。

広告

[映画感想] レビュー, 国, 戦争, 映画, 歴史, 社会