PLUS1WORLD

エンタメとしては良作 映画『君の名は。』感想・レビュー

本日、映画館で大ヒット上映中のアニメ映画『君の名は。』を鑑賞してきました。

映画は大ヒット上映中だけど、公開から1か月経ってるし、平日の朝なら空いているのではと思い映画館に行ってみましたが、思ってたよりも人が入りました。うーん凄い人気だ。

以下、ネタバレありの映画『君の名は。』感想とレビューです。

広告

映画『君の名は。』感想とレビュー

映画『君の名は。』公式サイト

映画を落ち着いて見たい人はもう少し待て

本日は2016年9月30日の月末なので、明日の映画の日(1日)に見に行く人たちが集中すると考えていました。

曜日も平日ですし、朝9時台の上映であれば落ち着いて映画が見れると思い、当日の上映1時間前にネットで座席予約しました。その時は狙い通り座席は結構空いていました。

しかし、さすがはデートムービーと呼ばれる映画。当日に劇場で並んでチケットを買う層が多く、席の半数は映画が始まるまでには埋まってしまいました。想定が甘かったです。

話し声も他の映画を観る時より聞こえてくるし、映画の途中で入場してくる人もいたため、これだからミーハーは…、と思いました。

ミーハーがいない落ち着いた環境で映画を見たい人はもう少し待ったほうが良いでしょう。

エンタメ映画として良作

私は新海誠監督の映画(作品)は、『ほしのこえ』『秒速5センチメートル』『言の葉の庭』『君の名は。』の4つしか見ていませんが、その中でも『君の名は。』はダントツに楽しめました。

といいますか、『ほしのこえ』『秒速5センチメートル』に関しては、あまりにつまらなすぎて内容を覚えていないレベルなので、個人的には比較対象にもなりません。

『言の葉の庭』がそこそこ楽しめる映画だったので、その映画を見てなければ『君の名は。』を見に行かなかったと思います。

新海誠映画はクセと語りが強烈なイメージがありましたが、今作の『君の名は。』ではそれをだいぶ薄めてありました。まさに漂白された新海誠映画といった印象です。

アニメーションもしっかり作ってありますし、映画のシナリオも一大スペクタクルが起こる展開となっているので、普通に楽しめるエンタメ映画でした。

シナリオに不自然な点が多数ある

映画自体は楽しめたんですが、細かい所が気になりました。脚本の所々にでかい穴が多数あります。とにかくシナリオがご都合主義です。

[映画感想] SF, アニメ, レビュー, 映画