PLUS1WORLD

映画『シン・ゴジラ』感想・レビュー

本日から公開の映画『シン・ゴジラ』をIMAXシアターで観てきました。

題材がゴジラ(特撮・怪獣映画)というだけに、見に来ている人も年配者が多いように感じました。平日の朝ですが座席の3分の2以上は埋まっていました。

以下、ネタバレありの映画『シン・ゴジラ』感想とレビューです。

広告

映画『シン・ゴジラ』感想・レビュー

映画『シン・ゴジラ』公式サイト

物量(情報量)が凄すぎて評価できない…。

これまで、このブログで様々な映画の感想と評価を書いてきました。

しかし、今回は無理でした。私にはこの作品を評価できません。

今回見た『シン・ゴジラ』を正しく評価するには、それなりの知識が必要になるからです。

この映画を正しく評価するには『過去のゴジラ作品に関する知識』『ミリタリーの知識』『民間防衛に関する知識』『政府や関係省庁の関係や権限に対する知識』『法律関係の知識』などが必要になります。

私はそれらの知識を十分に持っていません。

逆に、これらの知識があれば、普通の人の倍は楽しめる映画だと思います。

とにかく『シン・ゴジラ』は情報の洪水のような映画で、各登場人物の行動を吟味する間もなく展開が進んでいくため、スクリーン上で次々起こる出来事に、ただただ圧倒されるしかありませんでした。

ということで、この映画を私は評価することが出来ません。『評価不可能』というのが私の評価です。点数をつけるようなレビューは不可能です。

なので、以下はただの『シン・ゴジラ』を観た感想となります。

『シン・ゴジラ』という名前は適切か?

映画が『シン・ゴジラ』というタイトルなので、『新・ゴジラ』という新しく作られたゴジラ映画なのではないかという想像をさせますが、実際は少し違いました。

『シン・ゴジラ』はゴジラとゴジラと人間との戦闘シーンを映画から除いてしまえば、日本政府と自衛隊が大規模災害に対処したという記録映画のように見えます。

実際に私には『シン・ゴジラ』が「東日本大震災に対処した日本政府と自衛隊のドキュメンタリー映画」のように見えました。

ゴジラが上陸する前のシーンで船や瓦礫が押し流されるシーンなんて『3.11』そのまんまでした。

よって『シン・ゴジラ』という名前よりも『ゴジラで学ぶ東京防災』という映画タイトルにしたほうがこの映画の内容を表しているように思います。

あ、もしかしたら『シン・ゴジラ』という名前は『震・ゴジラ』という意味かもしれませんね。

[映画感想] SF, 国, 戦争, 映画, 特撮