PLUS1WORLD

賃貸物件を契約する際に連帯保証人の印鑑証明が必要な時もあるらしい

inkan-syomei-rentai-chintai-0000

以前から、東京で賃貸物件を探していましたが、ようやく目をつけていた物件が審査も通り、実際に賃貸契約する段階まで手続きが進んできました。

不動産屋が指示した賃貸物件を契約する際に必要な書類の中に、連帯保証人の印鑑証明書とあり、そんなものが必要なのかと驚きました。以前東京で賃貸アパートを借りた際は、印鑑登録証は求められなかったからです。

インターネットで調べてみると、連帯保証人の印鑑証明を求めてくる場合は多いようで、要らない場合もあるようです。不動産屋や仲介業者によるのでしょう。

家とかを購入する際には、実印の印鑑証明書が必要になってきますが、賃貸の契約なのでそこまで大きな金が動くわけではありません。

親が印鑑証明書が必要だという話を聞いて、業者に渡した証明書が悪用されないか不安がっていました。なので、確認も含めて なぜ、賃貸物件を契約する際に連帯保証人の印鑑証明が必要になってくるのか 調べてみました。

広告

連帯保証人の印鑑証明は何のため?

簡単にまとめると、賃貸物件の連帯保証人の印鑑証明書(印鑑登録証明書)が必要になってくるのは、連帯保証人の信用力を確保するためです。

賃貸物件を契約する際に、その場に連帯保証人が同席している事はまれです。なので、不動産会社、管理会社、仲介会社は会ったこともない連帯保証人となる第三者を信用しなければならなくなります。

いざ、家賃の未払いなどが起こった際に、連帯保証人に家賃を請求しようとした時に、私は保証人になった覚えはないと言われてしまうと困るわけです。

ただし、連帯保証人に対しては、実印を求めるケースが一般的です。何故なら、賃料の不払いなどが発生した場合、借主本人から回収する可能性は決して高いとは言えませんので、どうしても連帯保証人に支払いを求めるケースが出てきます。そのとき、会ったことも無い保証人から「私はそんな契約は知らない」「連帯保証人になった覚えはない」と言われたときに、それを証明するすべはこの契約書しかありません。そこで、より証明力の高い実印を求め、それに対する証明と存在確認、本人確認の証明の両方の意味で印鑑証明書を出してもらうということなのです。

―― 契約書に押す印鑑について – 住宅ねっと相談室 あらかると – NIKKEI 住宅サーチ より

もし紛争などが起こった際に、第三者に賃借者の連帯保証人になったことを証明する為に、実印と印鑑証明を求めているということですね。

インターネットで調べると、こういった賃貸契約時に連帯保証人の印鑑証明書を求めてくる傾向は結構前からあるようです。

世の中不景気ですし、非正規雇用者も増えていますので、借り主が家賃を払えなくなるということが増えているのかもしれません。

もし、賃貸契約時に連帯保証人の印鑑証明書が必要になった際は、実印の印鑑登録自体をしていなければ、市役所などで登録の手続きをする必要がありますので、連帯保証人となる方に事情を説明して印鑑登録を促し、証明書を発行してもらいましょう。