PLUS1WORLD

自分に自信がない人に贈りたい本『嫌われる勇気』

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

私は今まで、様々な自己啓発書を読んできましたが、どれもピンときたことがありませんでした。どれも間違ったことは書いてないのですが、書いてある内容が心には響きませんでした。

今年に入ってこれから自分はどう生きていくべきか迷っているタイミングで『嫌われる勇気』という本に出会いました。

日本では、フロイト、ユングなどの心理学が有名ですが、この書籍では日本ではあまり有名ではないアドラー心理学の考えを元にした「生き方に関する哲学」を知ることが出来ます。

この本には、アドラー心理学に基づいた幸福論が載っていて、「自分に自信がない」「自分のことが嫌い」「今すぐ自分を変えたい」といった悩みに対する答えが書かれています。

今回、書籍『嫌われる勇気』の中から、私の心に残った部分をかいつまんで紹介したいと思います。

広告

「嫌われる勇気」から学ぶ「幸せな生き方」

トラウマは存在しない

もし、あなたがいま幸せを実感できないのであれば、それは過去のトラウマなどの明確な原因があるからではありません。

アドラー心理学ではトラウマ(原因論)を否定します。トラウマの議論に代表されるフロイト的な原因論は、決定論の入り口であると考えます。

もし、幸せになれない原因が過去にあるなら、過去は変えることが出来ないので永遠に幸せになることは出来ません。そこで、アドラー心理学では原因論ではなく目的論で考えます。

私たちは皆、なにかしらの「目的」に沿って生きている。それが、目的論です。

過去にあったことは変えることは出来ませんが、過去に起こったことをどう自分の中でとらえるかは変えることが出来ます。

いかなる経験も、それ自体は成功や失敗の原因ではありません。過去に辛いことがあっても、その経験に意味を与えるのは自分自身です。

「人は変われる」を前提にし、人生の生き方を目的を中心に考える、それがアドラー心理学です。

今のライフスタイルをやめる

もし、今のあなたが幸せを実感できないでいるなら「このまま」でいいはずがありません。

それでもなお、今のあなたが不幸だと感じるのは自ら「不幸であること」を選んでいるからです。

人は自分でも気づかないうちに自ら「変わらない」という決心をしています。

周りに文句を言いながらも「こんなわたし」を選んでいるのはあなたです。人は、いろいろ不満があっても「いまの自分」でいる方が楽で安心なのです。

人はライフスタイル(生き方)を変えるとき大きな“勇気”を試されます。あなたが不幸だと感じるのは「幸せになる勇気」が足りていないからです。

あなたが幸せを感じられないなら、いちばん最初にやるべきことは「いまのライフスタイル(生き方)をやめる」という決心です。

可能性の中に生きない

「もしも自分が上がり症でなければ、もっと人とうまくやっていけるのに……」「もしも転職すれば人生うまくいくのに……」という悩みを抱えている人がいたとします。

[書評] コミュニケーション, 人生, 書籍, 生活, 考え方