PLUS1WORLD

“未来”を感じさせる電子小説「Gene Mapper」感想・レビュー

日ごろ電子書籍を買うことは少ないんですが、久しぶりに電子書籍を購入しました!

今、電子書籍界隈を賑わせている話題の小説「Gene Mapper」を買って読んでみました。

以下、「Gene Mapper」紹介と感想です。ネタバレあり。

広告

「Gene Mapper」とは

「Gene Mapper」は藤井太洋氏によって書かれた個人出版の電子書籍。近未来を舞台にしたSF長編小説です。楽天の電子書籍サービスkoboの書店で、「SF」「ハイテク」「科学技術」のジャンルで高い順位にランクインしてます。

2012/08/31の現時点で、

  • 「SF」ジャンルで14位
  • 「ハイテク」ジャンルで1位
  • 「科学技術」ジャンルで1位

となっています。

公式ページによると、藤井太洋氏が初めて書いた小説(処女作)であるとのこと。

楽天kobo booksだけでなく、Kindle bookstoreやGumroad経由で作品を購入することができます。

公式ページはこちら

Gene Mapper のあらすじ

公式サイトより

農作物の多くがメーカー製の「蒸留作物」に置き換えられつつある2037年。
作物の遺伝子をマークアップし、外観を設計するスタイルシート・デザイナー、林田のもとへ「ジャパニーズ・サラリーマン」を演じる黒川から調査依頼が入った。
カンボジアへ納品したスーパーライス、SR-06に描いたロゴが崩れ始めたというのだ。原因はコーディングのミス?アップデートの失敗?それとも……
原因を探るため、林田は「キタムラ」と名乗る人物に誘われ、2014年に封鎖されたインターネットが生きている街、ホーチミンへ飛ぶ。
フルスクラッチで作物を作れるほどの遺伝子工学、現実と見分けられないほどの拡張現実が当然のものとなった2037年。
たゆまなく前進する科学技術は人類の繁栄を約束するのか?
ハイスピード・ノベル「Gene Mapper」が問う。
―― Gene Mapper | ハイスピード・ノベル「Gene Mapper」Webサイトより

主な作品の特徴として、

  • インターネットの崩壊 → 過去のデータは入手困難に
  • 現実と見分けがつかないほどの拡張現実が普及
  • 遺伝子工学が進み、農産物のほとんどが「蒸留作物」に置き換えられる

が挙げられます。

主人公は「蒸留作物」をデザインする仕事をしています。簡単に言うと遺伝子操作ですね。

自身が設計、デザインした稲「SR-06」に問題が発生したという連絡が入ったところからストーリーは始まります。

Gene Mapper を読んだ感想

ストーリー全体を通して「拡張現実」の使い方が上手かったです。序盤で主人公が自室の壁一面をディスプレイとして使ったり、データや書類をやり取りするシーンではこんな感じで仕事してみたいなぁと思わせます。私はカフェでの拡張現実使用シーンが好きですね。

会議やミーティングなどでも拡張現実を使うのですが、巧みに操りながら仕事をする主人公たちの姿は面白く、各登場人物のアバターや拡張現実内での振る舞いも個性があり楽しめました。作品内で出てくる拡張現実ジョークもなかなかイケてます。

[書評] Kindle, kobo, SF, 文学, 書籍, 科学, 電子書籍