PLUS1WORLD

映画『スター・トレック BEYOND』感想・レビュー

本日より公開が始まった映画「スター・トレック BEYOND」を観てきました。

公開当日なので、平日なんですが結構人は来ていました。SF映画なので見に来ている女性は少なめでした。

以下は、ネタバレありの『スター・トレック BEYOND』の感想・レビューです。

広告

『スター・トレック BEYOND』感想・レビュー

『スター・トレック BEYOND』最終版予告 – YouTube

4DXで観たほうが楽しめるかも

今作は映画の予告編でも描かれている通り、宇宙での宇宙船同士の戦闘シーンが多かったです。

特に、序盤のUSSエンタープライズ号が強襲されるシーンはかなり迫力がありました。

私は、通常の映画館の上映で視聴しましたが、座席が動く4DXで観たほうがより楽しめるだろうなと思いました。

近くの劇場が4DXを導入しているなら、4DXでの視聴をおすすめします。

ストーリー展開は王道

今作の主人公とも言える宇宙船USSエンタープライズ号のカーク船長。

宇宙での長旅で疲れてしまったのか「俺、船長向いてないんじゃね?」と考えるようになります。

宇宙での終わりのない調査・探索で完全に自分を見失いかけているようでした。

そんな中でカーク船長は敵に襲われたり、船を失ったり、助けようと思った相手に嘘を疲れたり、仲間を人質に取られたりされます。

かなり酷い目にあっているので、このまま主人公の精神が崩壊するのかなと思いましたが、「仲間がいるから大丈夫!」みたいな感じで普通に復活しました。状況的にかなり絶望的になのに絶望感は無かったです。

それどころか、劇中の台詞でやたら「仲間」「絆」みたいな単語が繰り返されるので、「ONE PIECE」かよ! と思いながら観てました。

敵のボスは「仲間」否定派で、仲間がいるからそれが「弱み」になるのだ! と主張しますが、最終的には主人公たちの団結によって倒されるので、完全に王道のストーリー展開でした。ひねりなしの直球でした。

スポックとマッコイのやり取りが面白い

今作ではバルカン人のスポック、ドクター・マッコイが行動を共にする場面が多く、会話も多めでした。

そのため、この二人のジョークによるコミュニケーションが多く見られ、面白かったです。まぁ、お決まりのやり取りみたいなものですね。

[映画感想] SF, レビュー, 宇宙, 映画