PLUS1WORLD

所々つらい部分あるかも。映画『アリータ:バトル・エンジェル』感想

日本の漫画が原作のSF映画『アリータ:バトル・エンジェル』を観てきました。ちなみに私は原作の「銃夢」は所有しており最新刊も読んでます。

劇場は上映初日ということもあって混んでいました。原作は30年くらい前からある作品なので、見に来ている観客の年齢層は高めでした。

映画は思っていた以上に色々と言いたくなる作品だったので、以下にネタバレを含んだ『アリータ:バトル・エンジェル』の感想を書き残しておきます。

『アリータ:バトル・エンジェル』感想・レビュー

映画『アリータ:バトル・エンジェル』日本オリジナル予告【天使降臨】編60秒2月22日(金)劇場公開 – YouTube

映像とアクションは凄い

ジェームズ・キャメロンとロバート・ロドリゲスの2人が制作に関わっていることもあって映像美やCGへのこだわりを感じられました。お金がかかっていることは一目瞭然でした。

主人公のアリータの目が原作のガリィに近いくらい大きくなっていますが、私は違和感ありませんでした。多分見た人の8割くらいはすんなり受け入れられると思います。可愛いかどうかは別にして。

映画本編は序盤を除けばとにかく「機甲術」(パンツァークンスト)によるカッコいい格闘とサイボーグ同士のバトルの連続でアクションシーンは退屈することなく見れました。特にモーターボールの迫力がすごかったです。

私は3Dで映像を見ていませんが、作中でキャラクタや武器やボールが縦横無尽に動き回るので3D見たほうが面白かったかなと後から思いました。

ザレムはいいけどクズ鉄街が…

原作にも出てくる空中都市ザレムはほぼ見事にCGで再現されていました。コレに関しては文句ありません。

その一方でクズ鉄街(アイアンシティ)が割と楽しく暮らせそうな活気ある世界に描かれているのが少し違和感ありました。

原作のようにクズ鉄街はディストピアとして描かれていたほうがザレムとの対比にもなると思います。

そして、下の世界が殺伐としていたほうがヒューゴ(ユーゴ)が上の世界に憧れ、ザレムに行きたいという動機がはっきり伝わってくると思います。

映像としての美しさを優先したのかもしれませんが、クズ鉄街が荒廃したスラムっぽくないのは個人的には残念でした。

詰め込み過ぎなのは否めない

映画という短い枠(122分)に収めるため、この映画はかなりの無茶をしています。簡単に言えば2時間に詰め込みすぎです。