PLUS1WORLD

圧倒的物量の大型本『ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ』購入レポート

| Published:2016/12/29

the-art-of-shin-godzilla-review-0001

発売日が何度も延期され、今年中に出るのかハラハラさせた大型本『ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ』が私の所に届きました!

書籍『ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ』には、映画「シン・ゴジラ」がどうやって生まれ、作られたのかという制作過程の詳細な記録が収められています。

本単体で560ページもある上に、別冊付録で『シン・ゴジラ』完成台本が付いているので、まだザッとしか読んでいません。

『ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ』がどんな本なのか、簡単に紹介(レビュー)します。

広告

『ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ』紹介

the-art-of-shin-godzilla-review-0002

書籍はこのような白い輸送専用箱に入った状態で届きました。私は『ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ』をAmazonで頼みました。

the-art-of-shin-godzilla-review-0003

一応片手では持てますが、鍛えていないと片手で持ち続けるのは不可能な重さと大きさです。

the-art-of-shin-godzilla-review-0004

輸送用の箱を開けると、箱入りの上製本なので、黒い外箱が出てきます。

the-art-of-shin-godzilla-review-0005

上製本の背表紙には東宝マーク株式会社カラーのロゴが入っています。

the-art-of-shin-godzilla-review-0006

外箱の背には「THE ART OF SHIN GODZILLA」と英語で書かれています。

the-art-of-shin-godzilla-review-0008

本は辞書のように箱から引っ張って取り出せますが、本が大きいので取り出すには慣れが必要です。

the-art-of-shin-godzilla-review-0007

本の他には、しおりとシン・ゴジラのレプリカのチラシが入っています。

the-art-of-shin-godzilla-review-0009

『ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ』はハードカバーも含めてかなり分厚いです。

the-art-of-shin-godzilla-review-0010

『ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ』とiPad mini で大きさを比較するとこんな感じです。

the-art-of-shin-godzilla-review-0011

本を開けるとポスターが入っていました。

the-art-of-shin-godzilla-review-0012

ネコとゴジラ。裏面は違う絵のポスターです。

the-art-of-shin-godzilla-review-0013

大迫力の長めのポスター。こちらも裏面は違う絵のポスターになっています。

「ジ・アート・オブ シン・ゴジラ」概要

the-art-of-shin-godzilla-review-0016

見開きで大きな写真が楽しめるのは大型本ならでは。

「ジ・アート・オブ シン・ゴジラ」には様々なシン・ゴジラに関する写真が掲載されています。

the-art-of-shin-godzilla-review-0020

映画のシーンのイメージボード。イメージボードの段階でゴジラがちゃんと怖いです。

the-art-of-shin-godzilla-review-0022

美術スタッフの作ったセットの写真資料。小道具なども載っています。

the-art-of-shin-godzilla-review-0023

白組を中心としたVFXとCGの画像。VFXとCGには、のべ150人以上のスタッフが関わっているとのこと。

the-art-of-shin-godzilla-review-0021

庵野秀明監督の7万字にも及ぶインタビューを掲載。制作に関わった人たちのインタビューだけでもすごい量でした。

付録のシン・ゴジラ台本

the-art-of-shin-godzilla-review-0017

別冊付録の『シン・ゴジラ』完成台本(B5判変型)。

the-art-of-shin-godzilla-review-0018

付録とは言えない、かなりのボリュームがあります。

the-art-of-shin-godzilla-review-0019

映画を見た人なら知っている膨大なセリフ量。付録を読んでるだけで1日が終わりそうです。

濃厚すぎる『ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ』

写真で見ての通り『ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ』は、大きく、重く、厚い大型本でした。

シン・ゴジラを好きな人なら、パラパラめくるだけで間違いなくニヤニヤ出来る最高の資料本だと思います!

映画は物量が凄くてレビューが難しい作品でしたが、この大型本も映画と同じくらい濃厚でした。

今は年末年始で時間がありませんが、今後ゆっくりと読んでいきたいと思います。

ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ ([バラエティ])

[書評] SF, レビュー, 映画, 書籍, 特撮